残念ですが、わが国には「サヨク」や「反日日本人」と呼ばれるゴキブリが生息します。そいつらを、徹底的にスリッパで叩き潰します!
日教組問題 | 反日日本人の正体 | 東京新聞 | 特定アジア | 事件・事故 | 戦争はまだ終わっていない? | 歴史教育考 | 人権擁護法案 | 凶悪犯罪 | 日本の心 | 言の葉のはなし | 阪神タイガース | わたくしごと | お知らせ | ひとり言 | その他 | ★小説★ 七つの心  | ★小説★ 迷路 | カルトの正体 | 大和魂 | ゆがんだ世論誘導 | 寄生虫の正体 | 
自己紹介です
拙ブログへようこそ!

おしょう

Author:おしょう
日本が、大好きです!

リンク
応援↓してます

blue-22.gif

明日へ架ける橋  
FC2カウンター
ご訪問いただき
ありがとうございます
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
おしょうのあしあと
いっぱい↓エントリーしてます

全ての記事を表示する

古い記事でもコメントください
「特定アジア 」 の記事一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2009.06.29 Mon
南朝鮮はやはり、創価学会>売国マン>ゴキブリサヨクですか(笑)
南朝鮮の小統領が内政干渉をして日帰りしました。

まぁ、この件に関しては、多くの方がブログで取り上げるでしょうから、ボクは、簡単に意見を述べるのみといたします。

麻生総理との会談は当然として創価学会の太田(公明党代表)とも会ったようですが、日頃から南朝鮮にゴマを擂っている連中(民主・社民・共産・その他、日教組をはじめとするゴキブリサヨク)はナメられたもんですなぁ(笑)。さすが小者は利用するだけで対等には扱わないのが朝鮮流なようで。wwwwww

しかし、マスゴミもついに堂々と、「外国人参政権」に関する世論誘導を始めましたか。売国マンたちにしてみれば、下準備は整ったというところでしょうか。
やれやれです。

それから、一部の「行動する保守(市民グループ)」たちが、南朝鮮大使館に押しかけて警官と小競り合いをしたみたいですが、あれはいかんですなぁ。
たとえ、言っていることが「正論」であっても、方法を選ばないと…。
キング牧師を見習ってください。
いくら愚劣民族の小統領とはいえ、いちおうは小国のトップです。警備が厳重になることは「当たり前」ですよ。また、わが国の治安当局としても、世界中から笑われないためにも、そうせざるを得ないでしょう。
あれでは、テロ行為と思われても、仕方がありませんな。
ネット上にアップされている動画を、よ~く見てください。止めている警官たちは、一様に「困ったな。なぜ、わかってくれないんだ」という表情ですよ。サヨクの暴動を鎮圧するときとは「顔つき」が違います。
それがわからずに、公安から犯罪予備軍としてマークされるようでは、本末転倒じゃないですか。

特定アジア    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

2009.06.21 Sun
美味しい話
本日の反日度指数:☆☆☆☆☆☆☆

久しぶりに記事をアップさせていただきます。
まずは手始めに、シナの話題からです。
古くから拙ブログに訪問いただいている方ならば、「えっ、シナの話題で★なし?」と思われるかもしれません(笑)。
まぁ、とりあえず、目を通してみてください。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

(以下引用)

【中国ブログ】中国人が綴る日本料理「まるで芸術品」

中国人ブロガー、yangqcyouxiang(ハンドルネーム)氏が自らの日本料理についての見解を綴った。以下はその要約。

学生の頃、「割烹清水」と書かれていたネオンを見たことがあった。中国語では意味が通じなかったため、何のことか分からなかったのだが、後から知ったところによるとそれは日本料理のことだという。

その後、日本料理を食べる機会があったのだが、日本料理屋は静かで上品であり、料理は精緻で新鮮、味もさっぱりしていて美味しかった。それ以来、私は日本食がずっと好きである。

洋食はカロリーを、中華料理は味を、和食は栄養と見た目を重視していると言われているが、日本食の定食を見ていると、まるで芸術を鑑賞しているかのように感じる。和食は確かに手抜きの無い、国際的な美食であることは間違いない。色・香・味・器の調和の取れた統一と、切り方まで研究され、芸術的に盛り付けられた新鮮な素材は自然で精美な味なのである。

刺身や寿司、天ぷらなどが和食の代表的料理であるが、「健康的」で有名な日本人は古来より生食の習慣があり、魚や海老、貝などを薄く切っては醤油に漬けて食べる習慣がある。ダイコンのツマや海草、シソなどを盛りつけた船盛りは日本が親しむ自然的な飲食文化を体現した料理とも言えるだろう。(編集担当:畠山栄)

(以上、引用おわり)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

なんか…、ちょっとコソバユイですなぁ(笑)。
この中国人ブロガーさんは、過去に留学かなにかで来日したことがあるのですかなぁ?
ちょっと、本文からは、そこまでは読み取れませんが、まぁ、いずれにしても、反日脳に侵されていないことは確かなようです(よかった、よかった)。

>日本料理屋は静かで上品であり、料理は精緻で新鮮、味もさっぱりしていて美味しかった。それ以来、私は日本食がずっと好きである。

日本にも、中華料理屋は無数にあります。拙僧も、安くて美味しい中華料理が大好きです。(中国から伝わった料理を、日本人の口に合うように改良した云々…、細かいツッコミは入れないでくださいね)

さて、本来の国際交流・文化交流とは、こういうところからスタートするものではないでしょうか。
それを、憎しみにスリ変えている奴らは本当に赦せません(怒)。
と・く・に、日本のゴキブリサヨクたちは、日頃は「国と国との垣根をなくそう!」などとキレイ事をノタマイながら、実際にやっていることといえば、国際社会に反日感情を植えつけて喜んでいるのですから始末に終えません(怒怒)。


特定アジア    Comment(4)   TrackBack(0)   Top↑

2007.09.20 Thu
金ブタに追い込みをかけろ!
この記事はブロとものみ閲覧できます

特定アジア    Top↑

2007.08.27 Mon
寄生虫のネゴト
この記事はブロとものみ閲覧できます

特定アジア    Top↑

2007.01.30 Tue
竹島問題
当ブログは、「フィオリーナの以心伝心」さんが主催する竹島プロジェクト2007に参加します。
(クリック↓ください)
http://fiorina.blog24.fc2.com/blog-entry-252.html

言うまでもなく、竹島は日本の領土です。

20070130062907.jpg

(このイラストは↑「あんた何様?日記」管理人の「なつかもとや」さんよりお借りしています)

韓国よ、とっとと立ち退け!


テーマ:竹島問題 - ジャンル:政治・経済
特定アジア    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。