残念ですが、わが国には「サヨク」や「反日日本人」と呼ばれるゴキブリが生息します。そいつらを、徹底的にスリッパで叩き潰します!
日教組問題 | 反日日本人の正体 | 東京新聞 | 特定アジア | 事件・事故 | 戦争はまだ終わっていない? | 歴史教育考 | 人権擁護法案 | 凶悪犯罪 | 日本の心 | 言の葉のはなし | 阪神タイガース | わたくしごと | お知らせ | ひとり言 | その他 | ★小説★ 七つの心  | ★小説★ 迷路 | カルトの正体 | 大和魂 | ゆがんだ世論誘導 | 寄生虫の正体 | 
自己紹介です
拙ブログへようこそ!

おしょう

Author:おしょう
日本が、大好きです!

リンク
応援↓してます

blue-22.gif

明日へ架ける橋  
FC2カウンター
ご訪問いただき
ありがとうございます
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
おしょうのあしあと
いっぱい↓エントリーしてます

全ての記事を表示する

古い記事でもコメントください
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2006.11.12 Sun
ブログは公開日記ですかぁ?
本日の反日度指数:★★★★☆☆☆
(とりあえず、控えめにしておきます)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

(11月11日付、東京新聞朝刊「発言」欄より)

報道とブログ 混同しないで
会社員 TKさん(41)神奈川県平塚市

近ごろ「ブログが炎上」という言葉をよく耳にする。あるブログに載せられたコメントに対して、不快に感じた大勢の人からの批判が集中することだと認識している。

個人的には、ブログなどは私的な公開日記のようなもので、「そんなものにいちいち目くじらを立てなさんな」という気がするが、新聞のウェブサイトにリンクされていたり、ジャーナリスト自らのブログがあったりするなど、読む側からすると、報道と日記の区別がつきにくいのかもしれない。

また、ブログを書く側も、何やらジャーナリストや評論家のような書き方をする人もいるから、双方の垣根は低くなっているような錯覚を覚えてしまう。確かにわれわれ一般人のごまめの歯ぎしりを世間に発信できるブログは、この上なく魅力的なものに映る。

しかし、報道との間には背負っているものの大きさで雲泥の差があると思う。われわれがその辺を混同してしまうのは問題であるにしても、ある程度はやむを得ない気がする。だが、報道機関自らが混同されるのを助長するような姿勢を持つのは歓迎できない。

また、ジャーナリストは、時期を世間に発信できることからくる責任の大きさとプロとしての誇りを強く認識してほしい、と思う。

(以上、引用終わり)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

なるほど…、さすが東京新聞の購読者らしい投稿です(笑)。

新聞やテレビなどのマスコミが、限りなくインチキに近い偏向報道をくり返して国民を欺き、そして世論誘導をしようとしていることは、すでに多くの人が知ることとなっております。
ブログは、単なる「個人の公開日記」ではありません。無論、そのつもりでブログを運営している管理人も中にはいるでしょうが、おしなべてそうと決めつけるのは、軽率すぎると思います。

だいいち、マスコミは金儲けが目的で経営されている企業体ではないですか。いうなれば、私たち国民は「お客さま」ですよ。その点をしっかりと頭に入れて、TKさんにも論じていただきたいと思います。

近い将来、新聞やテレビは「単なる情報の発信源のひとつ」に成り下がるでしょう。多くの人たちが、数多く氾濫する情報を吟味し、何が真実かを自分で判断できる時代になりつつあります。

東京新聞さん、よ~く肝に銘じておいたほうが身のためですよ(笑)。


スポンサーサイト

東京新聞    Comment(17)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
混同しないで?? Posted by 小楠
報道と混同しているようなブロッガーっていますかねー?

デタラメや印象操作が目に余るため、こんな連中の言うままにさせておいたら、日本がますます悪くなることを案じた人たちが、立ち上がったという見方をしているんですが。

まあ、このTK氏の投稿を掲載した意図は、ブログよりもジャーナリストの記事が数段上ということを、人の口を借りて言いたいのでしょう。
全くつける薬がありません。
2006.11.12 Sun 12:37 URL [ Edit ]
ありきたりになってしまいますが Posted by NS大川
報道はねぇ、そこにある現実をありのままに報道してればいいんです。変に加工して、世論誘導をしようと画策しないで。
マスコミの使命ってなんです?
真実をありのままに報道することだと思うんですが。
意見を取り上げるときも、両方のものを取り上げるべきなんですよ。偏った街の声やコメンテーターばかり集めないで。


ジャーナリズムの失墜は、情報をマスコミが、独占できなくなったことで、今までやってきたインチキがバレただけ。


この記者は、「我々は、自らの言動に責任を持っている。ブロガーは持ってないだろ。」ということが言いたいんでしょう。
新聞社に飼われてるから、責任持ってるように思えないんだけどなぁ。
ブロガー個人の思想・信条が偏るのは当たり前なんです。個人なんですから。
それを議論したりしてるでしょう。その両者の意見を見て、第三者が、判断するのです。マスコミも、同じようにしないとダメですよ。
ま、民放には、スポンサーが絡み、新聞も聖教新聞の版権が絡んでますから、期待するだけ無理でしょ。かといって、NHKもアレだし。


なんか、文体変わってません?
某所で少し議論して来たからかなぁ。
彼、「共産主義に信頼を置き、日本が信用できない。」ようですから、イデオロギーが違うもの同士だから、キリがない。
私には、バリバリの共産主義者の知り合いがいますが、その議論さえしなければ、普通に幾らでも話してられるんですけどね。

彼は、宗教的なものを信じてないようなんですな。だから、議論するときは、感情に流されないように注意したほうがいいです。彼、意外と、突っ込みどころを見てますよ。
私は、準備無しで飛び込みましたが、飛び込むときは、準備しといたほうがいいですな。
…偉そうな文章になって、すみません。m(_ _)m

…長文失礼しました。m(_ _)m
2006.11.12 Sun 13:36 URL [ Edit ]
追記 Posted by NS大川
彼は、無防備都市宣言に関わってたようですね。
今、調べました。
アメリカ、中国、北朝鮮が嫌いな人だし。

無防備都市宣言ってのに関わってたと知って、笑いと共に脱力です。
正体、調べときゃ良かったなぁ。
反省、反省!


さてと、
メディアにとって、インターネットは敵ですからね。特に、朝日や東京には。

ま、ブログの批判してる暇があったら、自分とこの、中立でないことについて考えてもらいたいもんですね。

それが、批判される理由なんだから。

あ、それを考えてれば、こんなことになってないね。
2006.11.12 Sun 15:23 URL [ Edit ]
Posted by 八咫烏
新聞社も必死なんでしょうなあ、購読部数は落ちる一方だし。
いい加減、言論統制できない時代だっていうのを認識して欲しいもんです。
っていうか、それを真っ先に認識して国民とのネットワークを構築したマスコミが
(例えば、1億人の世論調査、1分で出来ます、とか)
次世代のリーディング・カンパニーになれると思うのですが…。
どうしてこんなチャンスに目を瞑っているのか!?
2006.11.12 Sun 18:15 URL [ Edit ]
Posted by トンチャモン
ほとんどはデムパ発言すりゃ叩かれるってだけのことだと思うんですがね。

>近い将来、新聞やテレビは「単なる情報の発信源のひとつ」に成り下がるでしょう。多くの人たちが、数多く氾濫する情報を吟味し、何が真実かを自分で判断できる時代になりつつあります。

禿同
彼らは「ネットは怖いから新聞読んでた方がいいですよ」と刷り込みたいのか知らんけど、時代の流れは止められない。

>NS大川さん
無防備地域宣言といってもLooperさん程度なら、まだまともな方だと思いますよ。もう一人の方に比べりゃね。
http://blog.goo.ne.jp/ahosidai/e/8fa94d734dc8558e5be7c971221791cc
2006.11.12 Sun 18:35 URL [ Edit ]
サヨクは、やれやれですね。 Posted by 白兎
どうも、サヨクは自分たちのテリトリーが犯されると、騒ぎ出すのですね。自分たちは、創価や総連、民潭、開放同和、フェミ、特亜には尻尾を振って、保守たたきにはどんな卑怯な手も使う卑劣漢だというのに。ところで、創価ネタやりました。いつ閉鎖されるかドキドキですが、貴ブログを避難場所としてもよろしいでしょうか?

http://sun.ap.teacup.com/applet/farm/20061113/archive
2006.11.12 Sun 22:39 URL [ Edit ]
ブログとは日記でもあり、意見交換の場でもある Posted by クリスタニア
報道は、NS大川様が言われております通りなので割愛しまして、ブログは、管理者がどのような考えを持って、意見を掲載して全世界に発信しているものです。
私の場合、自分の株投資の現状を、自分也に分析するために掲載してます。(他の人にも意見が聞けれたら良いですし、間違っているのであれば、訂正もできますので、勉強になるのがブログのいいところだと思っております。)

ブログの炎上は、悪意な場合を除き、その意見に間違いがあったため、それについて、正そうとしている動きだけに過ぎないと思います。
2006.11.12 Sun 22:46 URL [ Edit ]
Posted by しょぼ
僕は今リンクしていただいているものの他にもう一つブログをやっていますが、
そちらは友達同士で見る程度の日記みたいなものですね。
しかしどちらも、ネットという全世界で繋がっている場に書いているんだから
自分の言動にはそれなりの責任を持って書いているつもりです。
まぁTKさんのおっしゃるとおり、無責任な捏造記事を世間に撒き散らす
報道なんかと一緒にされちゃこっちがたまりませんわい。
2006.11.12 Sun 23:13 URL [ Edit ]
管理人より Posted by おしょう
コメントいただいたみなさまへ

娘が学校で怪我を負わされたため、その事後処理で多忙です。
返礼が遅くなりますが、ご理解ください(礼)。
2006.11.13 Mon 06:58 URL [ Edit ]
再度追記 Posted by NS大川
上の二つのコメントを書いたときは、少し取りみだし気味でした。
よって、このエントリと関係ない部分は、無視してください。

娘さんを怪我させた男子生徒とその両親には、是非、できる範囲で、きっちりと落とし前をつけてください。
男が女に暴力を振るうことは、男失格ですから。
なんか、えらそうな文章でスミマセン。
2006.11.13 Mon 19:28 URL [ Edit ]
小楠さん Posted by おしょう
返礼がたいへん遅くなり、ごめんなさい。

さて、
>報道と混同しているようなブロッガーっていますかねー?

さぁ(苦笑)。得意の妄想ではないでしょうか。

>デタラメや印象操作が目に余るため、こんな連中の言うままにさせておいたら、日本がますます悪くなることを案じた人たちが、立ち上がったという見方をしているんですが。

少なくとも、私たちはそうですよね。それだけは、胸を張って言えます。

>まあ、このTK氏の投稿を掲載した意図は、ブログよりもジャーナリストの記事が数段上ということを、人の口を借りて言いたいのでしょう。

なんか、記者のヤラセっぽい意見ですものなぁ(笑)。

>全くつける薬がありません。

まったくです。

また、遊びにきてください(礼)。
2006.11.14 Tue 13:22 URL [ Edit ]
NS大川さん Posted by おしょう
返礼がたいへん遅くなり、ごめんなさい。

さて、
>報道はねぇ、そこにある現実をありのままに報道してればいいんです。変に加工して、世論誘導をしようと画策しないで。

これが常識なんですがなぁ。なんで、わからないのでしょう。

>意見を取り上げるときも、両方のものを取り上げるべきなんですよ。偏った街の声やコメンテーターばかり集めないで。

まったくです。そういう偏向報道を見ていると、吐き気がします。

>ジャーナリズムの失墜は、情報をマスコミが、独占できなくなったことで、今までやってきたインチキがバレただけ。

それでもなおも、インチキをくり返そうというのですから、開いた口が塞がりません。

>この記者は、「我々は、自らの言動に責任を持っている。ブロガーは持ってないだろ。」ということが言いたいんでしょう。

そりゃぁマスコミは金を取っている営利企業体ですから、責任が重いのは当然でしょう。
でも、ブログを管理している人たちだって、責任を感じている人は多いと思いますよ。一部、バカもいますが…。

>新聞社に飼われてるから、責任持ってるように思えないんだけどなぁ。

飼われてる、ですかぁ(笑)。

>ブロガー個人の思想・信条が偏るのは当たり前なんです。個人なんですから。
それを議論したりしてるでしょう。その両者の意見を見て、第三者が、判断するのです。マスコミも、同じようにしないとダメですよ。

ご尤もです。

>ま、民放には、スポンサーが絡み、新聞も聖教新聞の版権が絡んでますから、期待するだけ無理でしょ。かといって、NHKもアレだし。

アレですねぇ、み~んな、呆れちゃいますねぇ。

>なんか、文体変わってません?

そうですか?

>某所で少し議論して来たからかなぁ。

ああぁ…。見ましたよ(笑)。

>彼、「共産主義に信頼を置き、日本が信用できない。」ようですから、イデオロギーが違うもの同士だから、キリがない。
私には、バリバリの共産主義者の知り合いがいますが、その議論さえしなければ、普通に幾らでも話してられるんですけどね。

確かに、議論が噛み合わず、空回りすることが多いですね。

>彼は、宗教的なものを信じてないようなんですな。だから、議論するときは、感情に流されないように注意したほうがいいです。彼、意外と、突っ込みどころを見てますよ。

見てますなぁ。結構、感心してます(笑)。

>私は、準備無しで飛び込みましたが、飛び込むときは、準備しといたほうがいいですな。

お互い、気をつけましょう(笑)。

>彼は、無防備都市宣言に関わってたようですね。

そうなんですか。ふう~ですな。

>メディアにとって、インターネットは敵ですからね。特に、朝日や東京には。

叩かれてますものなぁ、インチキがバレて(笑)。

>ま、ブログの批判してる暇があったら、自分とこの、中立でないことについて考えてもらいたいもんですね。
それが、批判される理由なんだから。

言ってもわからないでしょう。なにせ、イデオロギーで記事を書いているんですから。

>よって、このエントリと関係ない部分は、無視してください。

えっ! もう返事を書いちゃいましたよ(笑)。

>娘さんを怪我させた男子生徒とその両親には、是非、できる範囲で、きっちりと落とし前をつけてください。
男が女に暴力を振るうことは、男失格ですから。

この件は、きちんと記事にして報告します。

また、遊びにきてください(礼)。
2006.11.14 Tue 13:48 URL [ Edit ]
八咫烏さん Posted by おしょう
返礼がたいへん遅くなりました。ごめんなさい。

さて、
>新聞社も必死なんでしょうなあ、購読部数は落ちる一方だし。
いい加減、言論統制できない時代だっていうのを認識して欲しいもんです。

内容で勝負だ、なんてお笑い種ですよね(笑)。

>っていうか、それを真っ先に認識して国民とのネットワークを構築したマスコミが
(例えば、1億人の世論調査、1分で出来ます、とか)
次世代のリーディング・カンパニーになれると思うのですが…。

なるほど。

>どうしてこんなチャンスに目を瞑っているのか!?

いやいや、気づいていないだけだと思いますよ。

また、遊びにきてください(礼)。
2006.11.14 Tue 13:52 URL [ Edit ]
トンチャモンさん Posted by おしょう
返礼がたいへん遅くなり、ごめんなさい。

さて、
>ほとんどはデムパ発言すりゃ叩かれるってだけのことだと思うんですがね。

そうですね(笑)。

>彼らは「ネットは怖いから新聞読んでた方がいいですよ」と刷り込みたいのか知らんけど、時代の流れは止められない。

あとで吠え面を晒したくなければ、今のうちに考えを改めねばならんでしょうなぁ。

>無防備地域宣言といってもLooperさん程度なら、まだまともな方だと思いますよ。もう一人の方に比べりゃね。

ありゃ、見事に炎上しておりますなぁ。

また、遊びにきてください(礼)。
2006.11.14 Tue 13:57 URL [ Edit ]
白兎さん Posted by おしょう
返礼がたいへん遅くなり、ごめんなさい。

さて、
>どうも、サヨクは自分たちのテリトリーが犯されると、騒ぎ出すのですね。

せま~いテリトリーしか持ってませんからなぁ(笑)。

>自分たちは、創価や総連、民潭、開放同和、フェミ、特亜には尻尾を振って、保守たたきにはどんな卑怯な手も使う卑劣漢だというのに。

この正体を、大いに暴こうではありませんか、お互いに協力して。

>ところで、創価ネタやりました。いつ閉鎖されるかドキドキですが、貴ブログを避難場所としてもよろしいでしょうか?

こんなブログで役に立つなら、いつでもご利用ください。
記事には、あとでゆっくりと目を通します。

また、遊びにきてください(礼)。
2006.11.14 Tue 14:02 URL [ Edit ]
クリスタニアさん Posted by おしょう
返礼がたいへん遅くなり、ごめんなさい。

さて、
>ブログは、管理者がどのような考えを持って、意見を掲載して全世界に発信しているものです。

自分の頭の中身を、不特定多数の方たちに晒すのですから、結構、勇気がいりますよね。

>私の場合、自分の株投資の現状を、自分也に分析するために掲載してます。(他の人にも意見が聞けれたら良いですし、間違っているのであれば、訂正もできますので、勉強になるのがブログのいいところだと思っております。)

拙僧も、毎度みなさまからいただくコメントが、とてもよい勉強になっています。
たいへん、感謝しています。

>ブログの炎上は、悪意な場合を除き、その意見に間違いがあったため、それについて、正そうとしている動きだけに過ぎないと思います。

む~ん。経験してみなければわかりませんが、炎上した記事やそのコメントを見ると、確かに納得できるご意見です。

また、遊びにきてください(礼)。
2006.11.14 Tue 14:10 URL [ Edit ]
しょぼさん Posted by おしょう
返礼がたいへん遅くなり、ごめんなさい。

さて、
>僕は今リンクしていただいているものの他にもう一つブログをやっていますが、
そちらは友達同士で見る程度の日記みたいなものですね。

そうなんですか。でも、掛け持ちはシンドそうですなぁ。拙僧には、真似できそうにありません。

>しかしどちらも、ネットという全世界で繋がっている場に書いているんだから
自分の言動にはそれなりの責任を持って書いているつもりです。

無論、拙僧も同じです。

>まぁTKさんのおっしゃるとおり、無責任な捏造記事を世間に撒き散らす
報道なんかと一緒にされちゃこっちがたまりませんわい。

まったくですわい(笑)。

また、遊びにきてください(礼)
2006.11.14 Tue 14:14 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://toraichiclub.blog53.fc2.com/tb.php/89-78d701a1

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。