残念ですが、わが国には「サヨク」や「反日日本人」と呼ばれるゴキブリが生息します。そいつらを、徹底的にスリッパで叩き潰します!
日教組問題 | 反日日本人の正体 | 東京新聞 | 特定アジア | 事件・事故 | 戦争はまだ終わっていない? | 歴史教育考 | 人権擁護法案 | 凶悪犯罪 | 日本の心 | 言の葉のはなし | 阪神タイガース | わたくしごと | お知らせ | ひとり言 | その他 | ★小説★ 七つの心  | ★小説★ 迷路 | カルトの正体 | 大和魂 | ゆがんだ世論誘導 | 寄生虫の正体 | 
自己紹介です
拙ブログへようこそ!

おしょう

Author:おしょう
日本が、大好きです!

リンク
応援↓してます

blue-22.gif

明日へ架ける橋  
FC2カウンター
ご訪問いただき
ありがとうございます
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
おしょうのあしあと
いっぱい↓エントリーしてます

全ての記事を表示する

古い記事でもコメントください
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2006.11.10 Fri
理屈は、しょせん理屈でしょう?
本日の反日度指数:★★★★★☆☆

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

嫌がらせをしているつもりは毛頭ありません。

(クリック↓ください)
http://tukui.blog55.fc2.com/blog-entry-108.html

結論を言いますと、私は弁護士という輩に、「マトモな人間は少ない」ということを、経験上、よ~く知っているつもりです。無論、そんなことは自慢にはなりませんが…。
上記のブログにコメントを投稿したとき、当初は、「固まったのか?」と思いましたが、どうやらそうではなく、ただ単に、無視しているようです。

面白いではないですか(笑)。

>いじめは差別が出発点?
>部落差別?
>在日外国人に対する仕打ち?

この人に言わせると、本当に日本、いや日本人は非道い人種ですなぁ。
いじめは、劣等民族ゆえに避けられない問題なんですかな?

津久井さん、仮にも弁護士という職業を明らかにして、こういうブログを公開しているなら、訪問者の意見に対する自己の見解は、キチンと示してくださいよ。

こっちは素人ですぞ。素人相手に、教え諭すこともできないのですか?
それとも、やはり相談料が必要なんですか?
まさか、営利目的のために、ブログを開設してしるのですか?
「心外だ!」と仰るのなら、私が投稿したコメントを晒すだけでなく、「提案者」としての「ご意見」をお聞かせください。

弁護士とて、しょせん人の子…。追い込むネタは、いくらでもあるのですぞ(笑)。
私は弁護士など、ひとつも怖くはありません(ニヤリ)。


スポンサーサイト

テーマ:いじめ - ジャンル:ニュース
その他    Comment(23)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
Posted by NS大川
>結論を言いますと、私は弁護士という輩に、「マトモな人間は少ない」ということを、経験上、よ~く知っているつもりです

それを言っちゃあおしまいよ。(笑)
弁護士の精神って中国に似てますからね。
「人脈とは、自分を守るために存在し、法は、相手を叩く為に存在するものだ。」という。

>>いじめは差別が出発点?
>部落差別?
>在日外国人に対する仕打ち?

>この人に言わせると、本当に日本、いや日本人は非道い人種ですなぁ。
いじめは、劣等民族ゆえに避けられない問題なんですかな?

在日の場合は、向こうから、いろんな揉め事を起こしているんですよ。特権もたくさんあるし。
イジメの場合は、いじめられる側が、悪くないにも関わらず、ターゲットにされるのです。
弁護士は、イジメは大好きだと思いますよ。絶対数が多い分、いい稼ぎになりますから。

イジメられっ子にとって、なぜ「チクル」という行為が一番、問題なのか。
それは、その子供がやったことを「大人の論理で容赦なく裁かれる」のが怖いからです。
チクルことは卑怯ではありません。コソコソとイジメている人間こそ卑怯なのですから。
イジメは絶対無くなりませんが、減らすことならできるでしょう。大人の心がけ次第で。


日本は、寛容性のある国民性です。少しやそこらで、キレルような国民性ではありません。
それを怒らせるのですから、ほかの国であれば、人口(住民)の半分くらいが、いなくなっててもおかしくはないですよ。
2006.11.10 Fri 15:38 URL [ Edit ]
Posted by トンチャモン
別エントリーにですがコメントしてきました。削除するタイプの方ではないような気がしますが、念のため。

はばたけ!9条の心~第3弾(報告)
http://tukui.blog55.fc2.com/blog-entry-118.html#comment
>絶対に戦争を認めない。

 認めようが、認めまいが、そんなこととは関係なしに、戦争は起こるときには起こります。そのための対策を立てておくべきではないでしょうか?

>ムードや雰囲気に流されてはいけない。人間は誰でも間違う

つ鏡

>今は非常識だと言われても,50年後,100年後に常識になるよう頑張ろう

今は非常識だと言われているのだから,50年後,100年後に常識になったときに採択しよう
by: トンチャモン * 2006/11/10 16:59 * URL [ 編集] | page top↑

子どもは政治の鏡 ルール違反が平気な大人
http://tukui.blog55.fc2.com/blog-entry-124.html#comment
第9章 改 正 第96条 この憲法の改正は、各議院の総議員の3分の2以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行はれる投票において、その過半数の賛成を必要とする。2 憲法改正について前項の承認を経たときは、天皇は、国民の名で、この憲法と一体を成すものとして、直ちにこれを公布する。

定められた、手順に則って改正するなら問題ないと思うのですが。
by: トンチャモン * 2006/11/10 16:53 * URL [ 編集] | page top↑
2006.11.10 Fri 17:08 URL [ Edit ]
管理人より Posted by おしょう
無記名にて、エロサイトへの誘導と思われるものが、コメント欄に投稿されておりましたが、当該サイトとは主旨が著しく異なる内容ですので、削除させていただきました。
2006.11.10 Fri 17:38 URL [ Edit ]
NS大川さん Posted by おしょう
いらっしゃいませ。いつもありがとうございます。

さて、
>それを言っちゃあおしまいよ。(笑)

ははっ…(苦笑)。

>弁護士の精神って中国に似てますからね。
「人脈とは、自分を守るために存在し、法は、相手を叩く為に存在するものだ。」という。

なるほど…。

>在日の場合は、向こうから、いろんな揉め事を起こしているんですよ。特権もたくさんあるし。
イジメの場合は、いじめられる側が、悪くないにも関わらず、ターゲットにされるのです。

まったくです。この点は、明確に区別するべきでしょうな。

>弁護士は、イジメは大好きだと思いますよ。絶対数が多い分、いい稼ぎになりますから。

よくご存知で(笑)。

>イジメられっ子にとって、なぜ「チクル」という行為が一番、問題なのか。
それは、その子供がやったことを「大人の論理で容赦なく裁かれる」のが怖いからです。

大人の論理というよりも、人として「悪いことをやっている」という自覚が、いじめる側にもある証拠でしょうなぁ。

>チクルことは卑怯ではありません。コソコソとイジメている人間こそ卑怯なのですから。
イジメは絶対無くなりませんが、減らすことならできるでしょう。大人の心がけ次第で。

大人の心がけ…、これを良くすることは、簡単なようで、子どもを教育するよりもずっと困難な課題ですね(苦笑)。

>日本は、寛容性のある国民性です。少しやそこらで、キレルような国民性ではありません。
それを怒らせるのですから、ほかの国であれば、人口(住民)の半分くらいが、いなくなっててもおかしくはないですよ。

最近、私もこの意見には同意できるようになりました。少しは、賢くなった証拠でしょうか(笑)。

また、遊びにきてください(礼)。
2006.11.10 Fri 17:50 URL [ Edit ]
トンチャモンさん Posted by おしょう
いらっしゃいませ。いつもありがとうございます。

さて、
>別エントリーにですがコメントしてきました。削除するタイプの方ではないような気がしますが、念のため。

早速、拝見させていただきます(笑)。

―なるほど…、トンチャモンさんの仰る通りで…。
削除はしなくても、無視されるでしょうなぁ。
サヨクは、この手の正論をぶつけられると、貝になる傾向があります(笑)。

んっ、もうひとつあるのですか。

>定められた、手順に則って改正するなら問題ないと思うのですが。

まさか弁護士が、この法を知らないとは言えないでしょう(爆笑)。

また、遊びにきてください(礼)。
2006.11.10 Fri 17:59 URL [ Edit ]
Posted by 八咫烏
教育改革論議が盛んです。
もちろん今の教師共は有害ですが、結局日本改革をしないとダメですよ。
家でまともに躾られてない子供が学校でまともに勉強するわけないし、
あげくにこんな弁護士になるんですよ。
理念のないくせに知識だけはあるという。
こういった輩が一番質が悪い。
(星が少なくて今日は読んだのに、
やっぱり、血圧上がっちゃうじゃないですか~!?(笑))
2006.11.10 Fri 18:40 URL [ Edit ]
Posted by asayake
おしょうさん、こんにちは。
いじめの問題は非常に深刻ですね。
いじめる方に問題があるのはもちろんのこと、あてつけ的に自殺するいじめられた側のやり口にも問題を感じる今日この頃です。
最近いじめの現場を撮影した動画が、ネット上にたくさんあって見ましたが、本当に「楽しんでいる」というのが恐ろしい。
相手が自殺したら「犯罪」みたいな取り上げ方、本当におかしいと思います。
やっている事が同じなら、相手が自殺しようがしまいが「犯罪」だと思います。
近くの大人が、それを「犯罪」ときちんと認識しなくては、いじめは絶対になくならないと私も思います。
2006.11.10 Fri 19:43 URL [ Edit ]
Posted by さんぼ
競争社会があるから、敗者復活もあり得ます。
平等社会を築き上げるはずの共産主義国(中国や北朝鮮)では、皮肉にも日本以上の格差社会を招き、敗者は永久に敗者です。
共産主義国でのいじめが心配です。
2006.11.10 Fri 23:10 URL [ Edit ]
まずは様子見 Posted by DUCE
この弁護士の記事の中に「はばたけ第九条」なんてあるということは、さよった人物たと判断できます。となると、ある意味、期待できる存在とは思えませんが、これから、どんなトンデモ事が生じるか、まずは様子見と行きましょう。
2006.11.10 Fri 23:56 URL [ Edit ]
八咫烏さん Posted by おしょう
いらっしゃいませ。いつもありがとうございます。

さて、
>教育改革論議が盛んです。
もちろん今の教師共は有害ですが、結局日本改革をしないとダメですよ。

仰る通りです。
教育だけを改革しても、それだけなら大した効果はないかもしれませんね。
世の中には、お金で買えないものもいっぱいあります。お金で買えないからこそ尊いと、拙僧は思います。「格差だ、不平等だ」と騒いでいるサヨクたちを見ると、「金よこせ、権利よこせ」と言っているように聞こえるのは、拙僧だけでしょうか。
豊かになるのは、もちろん喜ばしいことですが、今の日本は、大切な「何か」を、どんどん捨てているような気がしてならないのです。
「物好きだなぁ」と笑われるかもしれませんが、拙僧は、その「何か」を掘り起こして、捨ててはいけないものは、もう一度棚の中に戻すべきだと思い、このブログを運営しています。
毎日、多くの方に訪問いただき、また、コメントいただくことは、少なからず、拙僧と同じ考えの方がいるという何よりもの証拠ですから、たいへん、励みになります。
日本改革…、せねばなりますまい。

>家でまともに躾られてない子供が学校でまともに勉強するわけないし、あげくにこんな弁護士になるんですよ。
理念のないくせに知識だけはあるという。

まさに、頭でっかち~ですよな(笑)。

>こういった輩が一番質が悪い。

なまじ、力を持っていますからなぁ。
やはり、これからの社会は、「ペーパーテスト用の暗記力」よりも、「人間性」を重視する社会に切り替えねばならないでしょうなぁ。

>星が少なくて今日は読んだのに、やっぱり、血圧上がっちゃうじゃないですか~!?(笑)

うううっ、ごめんなさい。でも、貴重なご意見がいただけたので、拙僧としては、「してやったり」です(笑)。

また、釣らせていただきます。ありがとうございました(礼)。
2006.11.11 Sat 08:53 URL [ Edit ]
あさやけさん Posted by おしょう
いらっしゃいませ。いつもありがとうございます。

さて、
>いじめの問題は非常に深刻ですね。

深刻です。机上でキレイ事を並べて論ずるのではなく、すぐにでも、対策を検討し実行すべきです。

>いじめる方に問題があるのはもちろんのこと、あてつけ的に自殺するいじめられた側のやり口にも問題を感じる今日この頃です。

命の大切さが、わからなくなってきているのかもしれませんなぁ。非常に、残念なことです。でも、やはり「いじめる側」の責任のほうが、圧倒的に大きいと思います。

>最近いじめの現場を撮影した動画が、ネット上にたくさんあって見ましたが、本当に「楽しんでいる」というのが恐ろしい。

らしいですね。拙僧はここのところ多忙なので、まだ見てはおりませんが…。
時間に余裕ができたとき、ぜひ、見てみたいと考えております。

>相手が自殺したら「犯罪」みたいな取り上げ方、本当におかしいと思います。
やっている事が同じなら、相手が自殺しようがしまいが「犯罪」だと思います。

何年か前、問題になりましたが、自殺した中学生が、いじめられたうえ、何千万もの金まで脅し取られていたという事件…。結局、それもウヤムヤになっています。
いじめではないですよね。どう考えても。
立派な「恐喝や強盗傷害」に該当する犯罪でしょう。もしくは、「強盗傷害致死罪」にも該当するかもしれません。
>加害者の将来のことも考えて?
バカなことを言うな! と叫ぶおしょうです。

>近くの大人が、それを「犯罪」ときちんと認識しなくては、いじめは絶対になくならないと私も思います。

その通りです。
バカな大人がウヤムヤで終わらせようとするから、いつまで経っても「いじめ」という「犯罪」はなくならないのです。

また、遊びにきてください(礼)。
2006.11.11 Sat 09:10 URL [ Edit ]
さんぼさん Posted by おしょう
いらっしゃいませ。いつもありがとうございます。

さて、
>競争社会があるから、敗者復活もあり得ます。

なるほど! 良い智慧を授けてくださり、ありがとうございます。

>平等社会を築き上げるはずの共産主義国(中国や北朝鮮)では、皮肉にも日本以上の格差社会を招き、敗者は永久に敗者です。

ふぅ~(ため息)。
まったくです。このように実例として、インチキがとっくにバレているのに、未だに日本でも共産・社会主義を賞賛する大バカ野郎がいます。その代表のひとつが、日教組です。
大バカ野郎が教壇に立てば、子どもたちが乱れるのも仕方ないでしょう。無論、親の責任を曖昧にするつもりはありませんが…。

>共産主義国でのいじめが心配です。

一刻も早く日本をマトモな国にして、キチガイ国家の愚挙を暴き、虐げられている人たちを救うことが、何よりもの国際貢献になると思います。金を出すだけが能ではいけません。

また、遊びにきてください(礼)。
2006.11.11 Sat 09:22 URL [ Edit ]
DUCEさん Posted by おしょう
いらっしゃいませ。いつもありがとうございます。

さて、
>まずは様子見

ですかぁ(笑)。
まぁ、どうせ大したことはできないでしょうからなぁ。この弁護士には…。

>この弁護士の記事の中に「はばたけ第九条」なんてあるということは、さよった人物たと判断できます。

そのものだと思います。
カワイソウな人のひとりです。

>となると、ある意味、期待できる存在とは思えませんが、これから、どんなトンデモ事が生じるか、まずは様子見と行きましょう。

わかりました(爆笑)。じっくりと観察して、また何か、おかしなことを言い出したら、紹介させていただきます。

また、遊びにきてください(礼)。
2006.11.11 Sat 09:30 URL [ Edit ]
特に日弁連は Posted by 小楠
日弁連はほとんど左翼か反日っぽいですね。
試験さえ受かればなれるという制度が間違いではないでしょうか。

他人の人生にかかわる判定を行うものが、実生活の様々な体験無しでは、まともな判定はできないでしょう。

左翼っぽいことさえ言っていれば、いっぱしの知識人に見えたような時代はとっくに過ぎ去っていますがねー。
2006.11.11 Sat 11:37 URL [ Edit ]
戦後 Posted by 黒羊
知識人は右翼の名の下に粛清され、結局法曹界の多くを牛耳るのは、左翼だった。
あと昔は弁護士になるのは簡単だった(人手不足もあり)。そういう中でできた日弁連なんかは巣窟ですね。
「立場の弱い者に対して行う」
とかの弁護士さんは仰ってますが、いじめられて立場が弱くなるんじゃないですかね?
どこの誰にもいじめる可能性もいじめられる可能性もあると思いますけど。
2006.11.11 Sat 12:13 URL [ Edit ]
小楠さん Posted by おしょう
いらっしゃいませ。いつもありがとうございます。

さて、
>日弁連はほとんど左翼か反日っぽいですね。

まぁ、群れ集うということそのものが、そもそもサヨクの特徴ですからなぁ(笑)。

>試験さえ受かればなれるという制度が間違いではないでしょうか。

そうですね。法治国家である以上、法曹人に資格が必要なのは当然でしょうが、画一された試験だけで、その資格の是非を問うことは安易すぎるかもしれません。
ではどうすればいい?
と訊かれると、答に詰まりますが…(苦笑)。

>他人の人生にかかわる判定を行うものが、実生活の様々な体験無しでは、まともな判定はできないでしょう。

ここですな、ポイントは。
でも、どうすればいいかと問われると…。
難しい問題ですね。

>左翼っぽいことさえ言っていれば、いっぱしの知識人に見えたような時代はとっくに過ぎ去っていますがねー。

まさに(笑)。
サヨクは、騒げば騒ぐほど墓穴を掘りますので、見ていてホントに愉しいです。

また、遊びにきてください(礼)。
2006.11.11 Sat 18:15 URL [ Edit ]
黒羊さん Posted by おしょう
いらっしゃいませ。いつもありがとうございます。それから、色々とお疲れさまです(ニヤリ)。

さて、
>戦後
知識人は右翼の名の下に粛清され、結局法曹界の多くを牛耳るのは、左翼だった。

これは、以前も黒羊さんが私に教えてくれたことですね。

>あと昔は弁護士になるのは簡単だった(人手不足もあり)。

へ~え、そうなんですか。
そういえば…、確かに今から15年ほど前、当時60歳を超える年齢の弁護士は、おかしな連中が多かったような気がします。

>そういう中でできた日弁連なんかは巣窟ですね。

説得力がある意見です(笑)。

>「立場の弱い者に対して行う」
とかの弁護士さんは仰ってますが、いじめられて立場が弱くなるんじゃないですかね?

む~ん、さすがですなぁ。その通りだと思います。児童に初めから、立場の強弱などあるわけないですものなぁ。

>どこの誰にもいじめる可能性もいじめられる可能性もあると思いますけど。

だからこそ、しっかりした教育が必要になるんですよね。

また、遊びにきてください(礼)。
2006.11.11 Sat 18:24 URL [ Edit ]
Posted by 黒羊
>だからこそ、しっかりした教育が必要になるんですよね。
そうですね。
それももちろん学校だけじゃなく、家庭で当然行われるべきものだし、社会全体でも行うことでしょうね。
2006.11.11 Sat 22:41 URL [ Edit ]
黒羊さん Posted by おしょう
教育といえば、とかく学校を連想するのが日本の風潮ですが、仰る通り、まずは家庭からはじめるべきものだと痛感しております。そして、最終的には社会全体をも…、ですよね。
背骨が捻じ曲がったクソ餓鬼がいたら、まずは「親の責任」と認識することが肝心で、その親が「大バカ野郎」なら、学校、あるいは社会全体で、捻じ曲がった背骨を矯正させるようにしなければなりません。
私は、犯罪を減らす最善策はそれだと確信しております。
理屈を捏ね回しても、犯罪は減りません。
あっ! そうかぁ。犯罪が減ったら、弁護士は仕事が減りますなぁ(ニヤリ)。
2006.11.12 Sun 09:42 URL [ Edit ]
おはなばたけ9条の心 Posted by トンチャモン
結局はぐらかされたっぽいです。「素人に議論で負けられっかよ」という感じの人ではなかったみたいです。
2006.11.12 Sun 18:16 URL [ Edit ]
Posted by クリスタニア
いじめは悪いの行為であることを、社会全体が共通して教えていくこと。(減少させる努力は、大人の仕事です。)
子供達に死んだら最後、取り戻すことはない命の大切さも教えなくてはならないですね。

競争社会は、民主主義社会では当然起こりえることであり、より努力することが望ましくなっただけです。(但し、日本の風潮にあったものになるには、まだまだ時間がかかるかもしれませんが・・・何でもかんでも競争しすぎるのも弊害があると思いますので。)
それが、いじめに繋がるかどうかは???の疑問符しか立ちません。
2006.11.12 Sun 22:32 URL [ Edit ]
トンチャモンさん Posted by おしょう
返礼がたいへん遅くなりました。ごめんなさい。

さて、
>おはなばたけ9条の心

いいですなぁ、このコピー。たいへん気に入りました(笑)。

>結局はぐらかされたっぽいです。「素人に議論で負けられっかよ」という感じの人ではなかったみたいです。

確かにはぐらかしてますよね。拙僧の質問に対してもそうでした(苦笑)。
まぁ、もうしばらく様子を見てみます。

また、遊びにきてください(礼)。
2006.11.14 Tue 13:04 URL [ Edit ]
クリスタニアさん Posted by おしょう
返礼がたいへん遅くなりました。ごめんなさい。

さて、
>いじめは悪いの行為であることを、社会全体が共通して教えていくこと。(減少させる努力は、大人の仕事です。)

まさに、大人の仕事です。
まず、自分よりも弱い者を集団でいじめるという行為は、人としてとても卑怯なことを認識させるべきです。
よく、「いじめられる側にも問題があった」という意見を聞きますが、たとえ原因があるにせよ、やってはいけないことがあります。

>子供達に死んだら最後、取り戻すことはない命の大切さも教えなくてはならないですね。

わかっているんでしょうけどね…。そこまで追い詰められた子どもたちの胸中を思うと、胸が潰れそうです。

>競争社会は、民主主義社会では当然起こりえることであり、より努力することが望ましくなっただけです。

一生懸命に働く人と、怠けている人との間に差が出るのは当たり前です。共産主義者は、そんな簡単な道理もわからないのですから、ホント、頭が悪いです。

>但し、日本の風潮にあったものになるには、まだまだ時間がかかるかもしれませんが・・・何でもかんでも競争しすぎるのも弊害があると思いますので。それが、いじめに繋がるかどうかは???の疑問符しか立ちません。

まぁ、競争社会がいじめを生み出すというサヨク理論は、完全に得意の妄言でしょうなぁ(笑)。

また、遊びにきてください(礼)。
2006.11.14 Tue 13:16 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://toraichiclub.blog53.fc2.com/tb.php/88-d294bc5e

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。