残念ですが、わが国には「サヨク」や「反日日本人」と呼ばれるゴキブリが生息します。そいつらを、徹底的にスリッパで叩き潰します!
日教組問題 | 反日日本人の正体 | 東京新聞 | 特定アジア | 事件・事故 | 戦争はまだ終わっていない? | 歴史教育考 | 人権擁護法案 | 凶悪犯罪 | 日本の心 | 言の葉のはなし | 阪神タイガース | わたくしごと | お知らせ | ひとり言 | その他 | ★小説★ 七つの心  | ★小説★ 迷路 | カルトの正体 | 大和魂 | ゆがんだ世論誘導 | 寄生虫の正体 | 
自己紹介です
拙ブログへようこそ!

おしょう

Author:おしょう
日本が、大好きです!

リンク
応援↓してます

blue-22.gif

明日へ架ける橋  
FC2カウンター
ご訪問いただき
ありがとうございます
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
おしょうのあしあと
いっぱい↓エントリーしてます

全ての記事を表示する

古い記事でもコメントください
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2006.11.08 Wed
言の葉のはなし その2

本日の反日度指数:☆☆☆☆☆☆☆

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

コーヒータイムを設けたいと思います(笑)。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【古語を訪ねて】

伊呂波歌(いろはうた)

仮名を一字漏らさず詠み込んだ歌としては、この「いろは歌」がもっとも有名です。
現在では、辞典などの配列に、五十音順以外の並び方はほとんど見られませんが、明治時代以前の辞典では、いろは順の配列のほうが普通であったようです。
よって今は、仮名の最初の文字といえば「あ」と答えるのが一般的ですが、古くは、いろはの「い」が最初の文字と考えられたのです。
たとえば、シコ名が「い」ひと文字の相撲取りがいたそうです。もちろん、「い」ではありません(笑)。これで、「かながしら(仮名頭)」と読ませたそうです。ちょっと、シャレてますね。

では、すべての仮名を漏らさず、くり返さず詠み込んだ「いろは歌(順)」ですが、ご存知ない方もいらっしゃると思いますので、紹介させていただきます。

いろはにほへとちりぬるをわかよたれそつねならむうゐのおくやまけふこえてあさきゆめみしゑひもせす

う~ん、これだけだと、何のことやらさっぱりわかりません。憶えろと言われても、丸暗記するしかないでしょう。
ですが、「歌」というくらいですから、よ~く見ると、ちゃんと七五調になっていることがわかります。
そこで、その原典を探ってみると…。

いろはにほへとちりぬるを = 色は匂へど 散りぬるを

わかよたれそつねならむ = 我が世誰ぞ 常ならむ

うゐのおくやまけふこえて = 有為の奥山 今日越えて

あさきゆめみしゑひもせす = 浅き夢見じ 酔ひもせず

おおっ、これであれば暗記することも、そう難しくはなさそうですなぁ(笑)。

(おしょう訳)
①匂い…古代では、「にほい」の「に」は丹のことで、赤色や赤土のことを指しました。「ほ」は秀でるという意味の言葉ですから、鮮やかに赤く色づくことが「匂う」だったのです。よって、「色は匂へど」とは、「どんなに美しく咲いている花でも」と解せばよいと思います。
②有為の奥山…この世の無常を、越えるのが困難な奥山に例えた言葉です。

ちなみに、この元歌は、仏典の「涅槃経(ねはんきょう)」にある雪山偈(せつぜんげ)の翻訳だということです。偈とは漢詩のことを指しますが、以下の通りです。

諸行無常 是正滅法 正滅滅己 寂滅為楽

なるほど、確かに世の無常を諭している偈のように思われます(合掌)。

いろは歌は、平安中期の成立と考えられておりますが、作者は不明です。弘法大師空海作という説もあるようですが、信憑性に欠けるとのことです。
それにしても、昔の人の言葉の捉え方には、本当に舌を巻きます。

今日は、短い記事で済みました(笑)。


スポンサーサイト

言の葉のはなし    Comment(8)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
中世の 教育勅語は 伊呂波歌 Posted by NS大川
>伊呂波歌(いろはうた)

「いろは」というと、いろは坂がまず思い浮かびます。いろは坂は、私の住む県の隣。何回か、行ったことあります。行き先は忘れてるのに、なぜか途中のいろは坂は覚えてる。
日光や尾瀬に行くついでに行けますね。日光は「らっきょう」の隠れた?名物です。

「いろはうた」は、狂言のリズムが合ってますね。
「・・・あさきゆめみしゑひもせす」の後に、「おごれるもの」に「渇!」とやると、けっこう使えます。(笑)

>おおっ、これであれば暗記することも、そう難しくはなさそうですなぁ(笑)。

しばらく忘れてました・・・。けど、もう覚えました。

短歌を一つ

人の世の 盛者必衰 歌っても 悲しからずや また伝わらず
2006.11.08 Wed 18:45 URL [ Edit ]
あー Posted by かっぱやろう
この歌で覚えたナア。
もう随分昔な気がするけど・・・

>昔の人の言葉の捉え方には、本当に舌を巻きます

ほんとでスねえ。
言葉って大事ですよね。
日本語をずうっと伝えていきたいでスなあ。
2006.11.08 Wed 19:41 URL [ Edit ]
Posted by しょぼ
いろは歌って、たしか7文字づつに並べて最後の文字を順に読むと
『とかなくてしす(咎なくて死す)』になるんですよね。
赤穂47士もしくは浅野内匠頭のことを指すとか。
狂歌だけではなく、いろは歌のような既存のものを読み替えての幕政批判も、
当時の民衆の楽しみの1つだったんですかね。

2006.11.08 Wed 20:10 URL [ Edit ]
NS大川さん Posted by おしょう
いらっしゃいませ。いつもありがとうございます。

さて、
>中世の 教育勅語は 伊呂波歌

では、下の句を…

祇園精舎の 鐘の音聞こゆ(←あまり良くないなぁ)

>「いろは」というと、いろは坂がまず思い浮かびます。いろは坂は、私の住む県の隣。何回か、行ったことあります。行き先は忘れてるのに、なぜか途中のいろは坂は覚えてる。

栃木でしたっけ?(冷汗)

>日光や尾瀬に行くついでに行けますね。日光は「らっきょう」の隠れた?名物です。

ほぅ、それは初めて知りました。

>「いろはうた」は、狂言のリズムが合ってますね。
「・・・あさきゆめみしゑひもせす」の後に、「おごれるもの」に「渇!」とやると、けっこう使えます。(笑)

おおっ、素晴らしい。

>しばらく忘れてました・・・。けど、もう覚えました。

恥ずかしながら、拙僧は最近になって知りました(赤面)。

>短歌を一つ
>人の世の 盛者必衰 歌っても 悲しからずや また伝わらず

では、返歌をば…

輝ける ときはわずかと知りながら 栄華もとめる 人の業かな(←う~ん、20点)

また、遊びにきてください(礼)。
2006.11.09 Thu 06:41 URL [ Edit ]
かっぱやろうさん Posted by おしょう
いらっしゃいませ。いつもありがとうございます。

さて、
>あー
この歌で覚えたナア。
もう随分昔な気がするけど・・・

えっ! 学校で教えてましたっけ?
拙僧は、音楽をやっていた関係で、「はにほへといろ」までしか知りませんでした(赤面)。
う~ん、この記事は、見事に墓穴を掘りましたかなぁ(苦笑)。

>言葉って大事ですよね。
日本語をずうっと伝えていきたいでスなあ。

言葉は、時代とともに変化するものらしいですが、だからといって、良い言葉を捨てることはないと思います。永遠に残したい日本語、いっぱいありますね。

また、遊びにきてください(礼)。
2006.11.09 Thu 06:47 URL [ Edit ]
しょぼさん Posted by おしょう
いらっしゃいませ。いつもありがとうございます。

さて、
>いろは歌って、たしか7文字づつに並べて最後の文字を順に読むと
『とかなくてしす(咎なくて死す)』になるんですよね。

らしいです(ニヤリ)。
どなたか、ご指摘いただけると思って、あえて記事には書きませんでした。さすが、しょぼさんです。拙僧は、つい最近、知ったのですが…(冷汗)。

>赤穂47士もしくは浅野内匠頭のことを指すとか。

これもしかり…。「仮名手本忠臣蔵」(人形浄瑠璃)は、「いろは…」を暗示させているらしいですからなぁ。
う~ん、嬉しいですなぁ。みなさん、ちゃんと日本の古い言葉の由来を、ご存知なんですなぁ。いやぁ~、疲れが吹っ飛びます。

>狂歌だけではなく、いろは歌のような既存のものを読み替えての幕政批判も、
当時の民衆の楽しみの1つだったんですかね。

マトモに批判したら、囚われの身だったのでしょう。ですから、「仮名手本忠臣蔵」も、南北朝時代の人物を更に捻って、登場させておりますものなぁ。

また、遊びにきてください(礼)。
2006.11.09 Thu 06:58 URL [ Edit ]
Posted by milesta
小学校で習いました。といっても、必修なのではなく、先生の趣味でだと思います。あと、書道のかなを習うときにいろは歌でやりました。

統治時代の国民学校に通っていた韓国人の方が暗唱され、「今の若い日本人は全然知らないんだ。」と仰っていました。ふだんは日本統治に批判的な方なのですが、この時は得意そうでした。
2006.11.09 Thu 08:06 URL [ Edit ]
milestaさん Posted by おしょう
いらっしゃいませ。いつもありがとうございます。

さて、
>小学校で習いました。

ぐえっ!

>といっても、必修なのではなく、先生の趣味でだと思います。あと、書道のかなを習うときにいろは歌でやりました。

ふぅ~。でも、それでも知らなかった拙僧は恥ずかしい限りです。別に、得意になってエントリーしたつもりではありませんが…(笑)。

>統治時代の国民学校に通っていた韓国人の方が暗唱され、「今の若い日本人は全然知らないんだ。」と仰っていました。ふだんは日本統治に批判的な方なのですが、この時は得意そうでした。

外国の方が知っていて、当の日本人が知らなければ、バカにされて当たり前ですよなぁ。
必修にすべきです!(←エバるな!)
中学生の国語の時間でなら、1時間もあれば充分に教えられます(鼻息!)。

また、あ・そ・び・に・きてください(礼)。(←八つ当たりするなー!)
2006.11.09 Thu 09:52 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://toraichiclub.blog53.fc2.com/tb.php/85-c7b9514f

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。