残念ですが、わが国には「サヨク」や「反日日本人」と呼ばれるゴキブリが生息します。そいつらを、徹底的にスリッパで叩き潰します!
日教組問題 | 反日日本人の正体 | 東京新聞 | 特定アジア | 事件・事故 | 戦争はまだ終わっていない? | 歴史教育考 | 人権擁護法案 | 凶悪犯罪 | 日本の心 | 言の葉のはなし | 阪神タイガース | わたくしごと | お知らせ | ひとり言 | その他 | ★小説★ 七つの心  | ★小説★ 迷路 | カルトの正体 | 大和魂 | ゆがんだ世論誘導 | 寄生虫の正体 | 
自己紹介です
拙ブログへようこそ!

おしょう

Author:おしょう
日本が、大好きです!

リンク
応援↓してます

blue-22.gif

明日へ架ける橋  
FC2カウンター
ご訪問いただき
ありがとうございます
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
おしょうのあしあと
いっぱい↓エントリーしてます

全ての記事を表示する

古い記事でもコメントください
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2006.10.31 Tue
姜尚中教授の反日講座 その2
本日の反日度指数:★★★★★★☆

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

昨日に引き続き、姜尚中東大教授の話題です。
反日度指数が上がっているのは、この記事をお読みくだされば、ご理解いただけると思います。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

(マガジン9条より)'05-07-13UP

憲法問題は、歴史問題とセットで考えるべき

編集部 『アエラ』という雑誌の特集で、爆笑問題の太田光さんが「憲法9条はすでにひとつの遺跡だと思う。それなら、9条を世界遺産に登録して守り抜いたらいいじゃないか」というような皮肉な発言をしていました。
このような発言の奥底には、今の日本国憲法が、かなり古いと思われているから、これをどのように現在的、現実的に保持していくかを考えなければ、改憲論には太刀打ちできないぞ、というような思いがあるような気がします。
世界的に見ても、戦力不保持条項などというものを持つ憲法は、あまり例がない。古びて見え、しかも世界的にもあまり例がない、というところを改憲派が突いてきているように思えるのです。そのあたりのことを、姜さんはどのように見ておられるでしょうか。

姜尚中 ノーマルな、つまりよく言われる「普通の国」ということから見た場合ですよね。これはドイツと比較するとよく分かるんです。ドイツは歴史の清算をきちんとやりました。その上で徴兵制を敷いて軍隊を完全にNATOの中に埋め込みました。そのドイツ軍も、コソボ紛争でついに初めて域外に出たわけですけど。でも、これだけ厳格に政治の中で固められた国防軍という存在になれば、もうシビリアンコントロールさえ考えられないほどの軍隊として定まっているわけです。だから、例えばPKOとして他国に人道的介入をする場合、特にかつてナチスドイツに被害を受けた国などに出て行く場合でも、ほとんど危惧をもたれない。
もちろん、ドイツモデルが絶対的にいいわけではありません。ただ、さっきも言ったように、周辺諸国がドイツの軍事力に関してまったく不安感を持っていない。そしてなおかつ、日米安保のように、アメリカのグローバルな戦争を下支えするという可能性もない。ですから、ドイツの場合、歴史問題と国防軍の位置づけがセットになっているんですね。
日本の場合でも、憲法だけを語るのではなく、憲法問題と歴史問題をセットに考えなくちゃいけない。なぜ憲法9条を守るのかというのは、歴史問題とセットにして初めて分かると思います。
日本国憲法、これを持っているということは、日本の国民を超えたある歴史のひとつのしばりとして、しかも、それを日本国民の努力目標として与えられたのだということなんです。そういう解釈でいくと、日本の場合は、最近なんか逆をいっているような感じがします。歴史問題というものを非常にウヤムヤにし、一方で平和主義の憲法9条や前文で世界平和共存への信頼を謳いながら、世界有数の自衛軍を持っている。なおかつ、集団的自衛権へまで突き進もうとしている。さらに集団安全保障体制まで視野に入れている。非常にねじれているわけです。
でもね、ねじれてはいるけれど、9条のような平和憲法を持つ国であるということは、「国柄」として比較的定着してきたと言えると思う。

日本の真の「国柄」とは、

平和憲法を持つ国であるということ

編集部 最近よく「国柄」という言葉を聞きます。特に改憲派が「国を愛する心」などと言いながら、この「国柄」をよく使いますね。

姜尚中 日本国内での動きとしては、確かに嫌な使われ方をしています。しかし、海外では、ぼくが言ったような意味で浸透しつつあります。それは、ヨーロッパでもアジアでも、憲法第9条の由来や第2項については知らなくても、どうやら日本というのは、世界有数の自衛隊は持っていても、それを軍隊とは認識せず、そして、普通の国のようにオペレート(軍事作戦)しない国なんだ、と。
ただね、そのねじれをねじれとして自覚して、そこに自己欺瞞があるから現実に理念を合わすべきだ、というのが改憲派の考えですね。これは、基本的にはアメリカの外圧です。
改憲派に、いまやっと定着してきたことをなぜここで解消するのか、その理由について聞きただすと、結局、自衛隊というのは軍隊じゃないかと。軍隊であるならば9条2項は明確に欺瞞であると。憲法が自己欺瞞を抱えてやっている限り、これが諸悪の根源だと。やっぱり、今の国会の改憲論議は、憲法とは何かを、完全に誤解している、としか言いようがありませんね。

編集部 確かに改憲を言う人たちの議論は、すべてその「ねじれ」を突いてきますね。理想よりも現実のほうを大事にするべきだ、というような議論。姜さんがおっしゃるような日本がやっと定着させてきた本当の意味での「国柄」をきちんと考えているとはとても思えない。

姜尚中 自民党若手議員に憲法改定についての話を聞くと、もうびっくりするような、たとえば、武士道精神を盛り込もうとか、普通の国になると血湧き肉躍るとか、国を愛することを義務づけるとか、およそ、ヨーロッパや世界的な動きから見て軽蔑されかねないような低次元の発言が非常に多い。
ぼくは、日本を決して特殊な国とは見ていません。さきほど言ったような平和を愛する「国柄」なんです。そういう「国柄」である日本は、科学的技術的に一応は先進国であり、豊かさを謳歌している。そして、軍事力の行使については、非常に臆病な国です。
臆病というのは、決して悪い意味ではありません。非常に慎重であると。その慎重さにおいて、9条、特に2項を持っている日本が、非常に特殊な国であるなどとは思われていないのです。アメリカでさえも、そう見ているはずですよ。

編集部 そういう「国柄」が日本なのだと…。

姜尚中 だからね、その「国柄」を逆手にとってね、憲法9条を持っている「国柄」なんだということを押し出していけばいいんですよ、世界に向けて。9条を持っていれば、なにかとんでもない自己欺瞞を営々と積み重ねて世界から不信の目で見られるなどというのは、それはおそらく改憲したい人たちが作り出している幻想でしかないでしょう。

編集部 それでも、論理としては一応通りますよね。“ギャップがあるから、そのギャップを埋めるために改定するんだ。理想のほうを現実に近づけるんだ”という。

姜尚中 改憲を言っている側は、解釈改憲でできることはほとんどやってしまったんですよ。今回の自民党の平和基本法というのだって、国際協力のためという名目を作ってその中に集団的自衛権を盛り込むという話でしょ、憲法に明示せずにね。あと何が残っているかというと、戦場に軍隊を派遣することだけなんです。しかしそれも、事実上、イージス艦を派遣したりして、共同作戦行為という隠れ蓑で集団的自衛権は情報という面ではすでに行なわれている。イラク特措法を作ってのサマワへの自衛隊派遣は、どう考えても無理なリクツ付けでした。「自衛隊がいるところが非戦闘地域だ」などという小泉さんの答弁は、誰が聞いても納得できるものじゃなかったですし。
それでもなお、首の皮一枚はまだつながっている。それが9条です。本当は彼らがやりたいのは、胸を張って軍隊を持ちたい、というそれだけでしょう。特措法や平和基本法などの姑息な手段を使わなくても、堂々と胸を張って軍隊を戦地に送り出したい、それが真の国際貢献だ、と言いたいのだと思いますね。

祀る国家は戦争する国家だ

編集部 そこで、はっきりと2項を改定し、自衛隊を軍と明記した上で、きちんとシビリアンコントロールしよう、という改定論が出てきます。

姜尚中 有事の際に、その状況に対応して、個別的に特別な法を作るということになれば、それにはその時々の政治家たちの恣意的な判断が加わるから、むしろ憲法の精神を損なうことになる。だから第2項を改定して軍として認め、シビリアンコントロールをしたほうが安全なのだ、という議論ですね。これは闇雲な改憲論者よりは少しリアルです。しかし、この2項を改定した上で集団的自衛権を認める一般法を作って自衛隊の派遣を決めてしまったら、完全にアメリカと一体化しその下請けになります。そうならないためには日米安保の破棄しかないわけですが、それは自主防衛、核武装などという極論へ走ってしまう。9条1項2項が生きている段階での今回のようなイラク特措法であれば、一応は自分の意志で派遣した自衛隊の撤退もできる。なおかつ、戦闘地域に派遣しなくてすむ。これに対し、非常に臆病で卑劣だ、という言い方をする人たちがいるわけです。自分の血を流さないからと。
9条のしばりがあるかぎり、その時々の世論、国民の考え方次第で自由にコントロールできる。たとえば、非戦闘地域に早く自衛隊を出せ、または早く撤収しろ、とできる。ところが一般法で決めて、集団的自衛権でやると、おそらく戦前と同じような過ちをすることになる。いったん派遣した軍隊は身動きがとれなくなる。人を殺し、そして殺される。

編集部 それこそ、また悪夢が繰り返される。

姜尚中 憲法では9条と20条、政教分離の問題がリンクしています。集団的自衛権を一般法で規定するということになれば、人が死にます。人が死ねば祀らなくてはならない。祀る国家は戦争する国家です。9条を絶対平和主義であるとして、改憲論と闘う二元論的見方は、確かに原理的にはありえます。しかし現実的には、最後の皮一枚、これをどこまで生かしきれるか。これが切れてしまえば、もう歯止めはきかなくなる。

今の改憲への動きが本当は何を意図しているのかがよくわかりました。
次回は、引き続き姜尚中さんに、これからの国際平和の鍵を握る“東北アジア”のありかた、そしてその中での日本の役割などについて語っていただきます。
お楽しみに!

(以上、原文ママ)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

ふ~ん、東大教授とはいっても、しょせん、こんな程度の脳みそしか持ち合わせていないんですか。
私では役不足でも、ここに遊びにきてくださる方たちなら、簡単に逆手を取ることができることでしょう。

まず、姜尚中教授は、ドイツを例に挙げて日本をコキ下ろしておりますが、なぜ、日本はシビリアンコントロールができないのか、まったく具体的には論じておりませんなぁ。
実際、戦後日本では、私の知る限り一度も軍事行動を起こそうなどという動きはありませんでした。議論すらもなかったといっていいでしょう。
憲法9条のおかげ?
笑わせないでくださいよ。9条があろうとなかろうと、日本国民に戦争を起こしたいという願望があるなら、とっくに具体的な動きがあってもよいはずです。違いますか?
日本は、立派にシビリアンコントロールができているではないですか。

>日本国憲法、これを持っているということは、日本の国民を超えたある歴史のひとつのしばりとして、しかも、それを日本国民の努力目標として与えられたのだということなんです。

はぁ? 日本国憲法は、
日本の国民を超えた?
ある歴史のひとつのしばりとして?
日本国民の努力目標?
もしかして、こういうデタラメを学生たちに教えているのですか?
恐ろしいほどの「バカ」ですなぁ。

>歴史問題というものを非常にウヤムヤにし

どこをどうウヤムヤにしていると言うのですか(怒)。
もしかして姜尚中教授は、サンフランシスコ平和条約、日韓基本条約、日中友好条約というものを知らないのですか?
それで、大学教授とは恐れ入りました。

>そのねじれをねじれとして自覚して、そこに自己欺瞞があるから現実に理念を合わすべきだ、というのが改憲派の考えですね。これは、基本的にはアメリカの外圧です。

私は改憲派のひとりですが、アメリカから外圧を受けた覚えなどありませんなぁ。
身近に、アメリカから外圧を受けて「改憲派」になったという人もいません。
おかしいですなぁ。得意の、「妄想」ですか?

>ぼくは、日本を決して特殊な国とは見ていません。

特殊ですね。残念ながらかなり…。
売国奴がウヨウヨおりますからなぁ。そのおかげで、寄生虫は国民以上の特権を得ているわけでしょう? そんな国、他にありますか?
マトモな国であれば、姜尚中教授はきっと、日本の社会では生きてゆけなかったことでしょう。
大ウソつきが超一流大学の教授になれるのは、日本ぐらいですわ。

>日本は、科学的技術的に一応は先進国であり

ふんっ。悔し紛れに「一応は」ですか。
あなたこそ、相当ねじれた根性の持ち主ですなぁ。

>集団的自衛権を一般法で規定するということになれば、人が死にます。人が死ねば祀らなくてはならない。祀る国家は戦争する国家です。

ほぅ、集団的自衛権を一般法で規定すると、人が死ぬんですか。
どうやって死ぬのですか? 自殺ですか? 病気ですか? それとも、殺人事件でも頻繁に起きるとでもいうのですか? 大地震でも起きますか?
わかりませんなぁ。どういう思考回路なのか、とても不思議です。
それから、祀る国家は戦争する国家なんですか(爆笑)。
これも初めて聞きました。
さすが外国人教授だけあって、日本人には、到底理解できない発言のオンパレードですわ。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

明日も、姜尚中教授の頭の中身を検証します。

(つづく…)


スポンサーサイト

特定アジア    Comment(27)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
マガジン9条・・・。 Posted by 白兎
あのブログは、結構詐欺ですよ。改憲派の意見を、尽く排除してみせたり、議論で負けそうになったら、元弁護士を使って踏み潰したり、汚い手段のオンパレードです。私も、3コメントだけ採用されましたが、それ以降、何度送っても即削除です。
2006.10.31 Tue 22:09 URL [ Edit ]
顔よりまずい頭 Posted by DUCE
死那の先代の主席である、江沢民は顔もまずけりゃ、やることもまずいときているのに対して、姜尚中の場合は、まあ顔は良いとしても、言うことはまずいですね。
この種の憲法改正否定派の主張と言うのは、お決まりです。なんか、日本をしつけの全くなっていない犬のように決め付けて、憲法第九条という首輪で、場合によっては首絞めによってでも押さえつけなければならないとでも考えているのでしょうか。
( ゚Д゚)ヴォケ!!  
2006.10.31 Tue 23:01 URL [ Edit ]
★が足りない Posted by tono
>姜
何かに似ている字だとず~~と思っていたのですが、ふと思い出しました。
(・∀・)コレダ!!




      「妻」と「妾」

そういや、半島韓国人と在日韓国人って、こんな関係かもしれませんな。

 しかし、憲法改正が

・アメリカの圧力だと
・現状に合わせる為だと

 こりゃまた低次元な発想だと思ったけれど、半島人なら多分真剣に考えたらこんなモンでしょうな。
 
 憲法改正は、ただ、

「日本の、日本人による、日本の為の憲法」

 が無いから、作ろうとしているのではないでしょか?
 「憲法改正」は、手続き上「日本国憲法」の名前を変える必要も無いし、使える条文もあるから「改正でも良い」のであって、基本は新憲法の作成にあると思うのですじゃ。
 ここまでは、無知な「妾」に講義してやっても良いけれど(多分理解は出来ますまいが)、

  「祀る国家は戦争する国家」

なんじゃこりゃぁ?ポポポポポ( ゚д゚)゚д゚)゚д゚)゚д゚)゚д゚)ポカーン…×∞

気を取り直して、これは逆説なんでしょうか。

 祀る国家=戦争する国家=祀る国家

∴ 「戦争する国家は祀る国家」

 「戦争そのものは未だ国際法でも犯罪ではなく、独立国として当然の権利」
 よって、世界中の多くの国がそうであるように、国の存亡の危機には戦争が不可避であろうが国のために戦死した人は「祀る」のが当然。
 よって、靖国には参拝すべし。

 と言いたいのだけれど、「妾」なので本心をズバッと言うと「本妻」 にシバかれる辛~~い立場が現れている、苦渋ののインタビューでした。

 な訳ありませんな。
2006.11.01 Wed 10:34 URL [ Edit ]
韓国人に聞いてどうする Posted by 小楠
>>なぜ憲法9条を守るのかというのは、歴史問題とセットにして初めて分かると思います

本当にそれでいいの?歴史問題を考えれば考えるほど、日本人は改憲が必要と知りますよ。

>>平和主義の憲法9条や前文で世界平和共存への信頼を謳いながら、世界有数の自衛軍を持っている

さあ、これも誰が自衛隊を持つ様に依頼したのかな?憲法を作った本人から軍隊を持って欲しいとまで言われたんだけど。

>>基本的にはアメリカの外圧です。

なるほど、すると、この憲法を作った本人が、この憲法には欠陥があることを認めたということですな。

>>集団的自衛権を一般法で規定するということになれば、人が死にます

あほですか?

最後に、韓国は何のために軍隊をもっているのか説明してごらん。
軍隊を放棄すれば、念願の統一が適うかもよ。大丈夫、絶対に北から攻められないから。実例を見せてくれよ。

2006.11.01 Wed 11:47 URL [ Edit ]
はぁぁ??? Posted by milesta
はぁぁ?の連続でした。

ドイツドイツっていうけど、ドイツの国家と、ナチスと、日本の国家をごちゃごちゃにしていますね。

>堂々と胸を張って軍隊を戦地に送り出したい
というような自己満足的な話ではありません。イラクでは、オーストラリア軍が自衛隊を護衛してくれていました。だけど、オーストラリアでは、非常に気を使って、「エンジニアを護衛している」と報道してくれているんです。「自衛隊」だと知ったら、他国の軍隊に準ずるものを何でオーストラリアの軍隊が護衛しなくちゃいけないんだという世論がでてくると思います。国際社会で信頼を得るためにも、法整備はきちんとした方が良いということだと思います。

「ベスト・オブ・はぁぁ?」はここ
>集団的自衛権を一般法で規定するということになれば、人が死にます。人が死ねば祀らなくてはならない。祀る国家は戦争する国家です。

めちゃくちゃな論理ですね。東大はサヨク教授が多いと聞いてはいたけれど、こんなに幼稚な論理が飛び出るとは驚きです。
軍隊持っている国は、どこも人がバタバタ死んでいるんですか?防衛力のない国に、ミサイル打ち込まれたら人が死ぬんですよ。それに「祀る」の意味がちゃんとわかっているんでしょうかね。

>★が足りない
tonoさんに賛成。
2006.11.01 Wed 11:51 URL [ Edit ]
本当ね Posted by 黒羊
外人が、内政に干渉するなんて、言語道断ですね。即刻国外退去処分できる法律を作らないとね。
朝鮮人なんだから、韓国なり、北朝鮮なりを普通の国にする努力をしてほしいもんです。
日本のことは日本人がちゃんとします。
ドイツが過去の清算をきちんとしたと、暗に日本がしてないような言い方してますけどね、日本もきちんと清算したですよ。残念なことに隣に、努力しないで人のせいにする人々の集まる国がいて、ずっと勝手に日本にたかってるだけです。ドイツの周りにタカリがいないだけ。後ドイツは、全部ナチのせいにした。
日本は、軍だけのせいにはしていない。
姜に一言
帰れ、そして二度と来るな!!
2006.11.01 Wed 14:26 URL [ Edit ]
笑いの種が撒かれました Posted by NS大川
>ドイツは歴史の清算をきちんとやりました。

ドイツ政府はねぇ、「優性保護政策(例、ユダヤ人ホロコースト)の責任は、ヒトラーとナチスにあり、ドイツ人に罪はない。罪はないが、お金は支払う。」といって、ユダヤ問題関係への個人賠償をしただけで、国家としては謝罪も賠償もしていないんだよ。
日本と比較してみなさい。それでも、ドイツを見習えっていうんなら、戦後賠償の数々を今すぐ返還して、謝罪も撤回するか?

>日本国憲法、これを持っているということは、日本の国民を超えたある歴史のひとつのしばりとして、しかも、それを日本国民の努力目標として与えられたのだということなんです。

アホ。二度とアメリカには刃向かえないように毒抜きされただけだろ。あれは。しかも、あれは、講座派といわれるマルクス主義に影響力を感じてる連中(ニューディーラー)によって、作られただけで、それにサヨクが乗っかっただけのこと。
話にならんわ。

>たとえば、武士道精神を盛り込もうとか、普通の国になると血湧き肉躍るとか、国を愛することを義務づけるとか、およそ、ヨーロッパや世界的な動きから見て軽蔑されかねないような低次元の発言が非常に多い

自分の国も愛せないような人間が世界で尊敬されるとでも?
逆に馬鹿にされますよ。
低次元の発言。だったら、それを世界中に行って流布して回りなさい。どっかで、亡き者にされてると思いますから。

>祀る国家は戦争する国家だ

ブハハハハハハハハハ!
じゃあ、宗教を否定する共産主義国家が戦争をするのはどうして?
祀ることをしない国家は、罰当たりであり、人間が連続した生命のうちのひとつである。ということを忘れた傲慢な国家ですよ。
姜教授。では、墓参りを止めてはどうですか。www

>だから第2項を改定して軍として認め、シビリアンコントロールをしたほうが安全なのだ、という議論

安全でしょうに。これを軍として認めない考え方は「本物の軍国主義者」のやることですよ。クーデターを起こして、軍事独裁政権を作る事だって可能なんですから。あるいは、侵略軍に迎合するとか。
姜教授。尻尾が出てますよ。w

>その「国柄」を逆手にとってね、憲法9条を持っている「国柄」なんだということを押し出していけばいいんですよ、世界に向けて。9条を持っていれば、なにかとんでもない自己欺瞞を営々と積み重ねて世界から不信の目で見られるなどというのは、それはおそらく改憲したい人たちが作り出している幻想でしかないでしょう。

神話の世界から脈々と続いてきて、アインシュタインも感激したこの国の国柄を、イデオロギーで教授になってる奴に言われたかないよ。
戦前の国柄の時は、尊敬の目で見られ、戦後は、利用され、軽蔑される対象でしかないのはどういうこと?
ハワイなんかに行くと、ヤンキー(アメリカ野郎)は、日本人の女性なんて、ただのセックスマシーンにしか見てないんだよ。
これ以上堕落して、尊敬されると?
論より証拠。妄想のしすぎで、現実と理想の区別もつかなくなったんじゃないのか。w
カルタゴをみよ。カルタゴを。
2006.11.01 Wed 14:49 URL [ Edit ]
なーんか Posted by かっぱやろう
顔を出すとでスね。
いつも言いたいこと言われてんでスよなあ。
あちしが来るのが遅いんでしょか?
_| ̄|○

んでも一つ。

>憲法問題は、歴史問題とセットで考えるべき

セットで考えるとー。
何かいいことあるんでスかねえ。
ああ。
アレか。
憲法は、歴史をよーく考えて。
自国にあったものを制定しろと。
そゆことでスね。
納得。
え?
違う?
日本が過去にヒドイことしたからって?
( ゚Д゚)ハァ?
憲法で戦争してるわけじゃござんせんから。
歴史と憲法は関係ないでスね。
なーんちて。
失礼しまスた。
<(_ _)>
2006.11.01 Wed 15:33 URL [ Edit ]
管理人より Posted by おしょう
コメントいただいたみなさまへ。

これから仕事です。
返礼は明朝いたします。ご容赦ください(礼)。
2006.11.01 Wed 18:17 URL [ Edit ]
白兎さん Posted by おしょう
いらっしゃいませ。いつもありがとうございます。

さて、
>マガジン9条・・・。
あのブログは、結構詐欺ですよ。

おかしなことが、いっぱい書いてありますものなぁ(笑)。

>改憲派の意見を、尽く排除してみせたり、議論で負けそうになったら、元弁護士を使って踏み潰したり、汚い手段のオンパレードです。

へぇ~、そんな薄汚いことをするんですか。

>私も、3コメントだけ採用されましたが、それ以降、何度送っても即削除です。

私も早速、質問をメールで飛ばしましたが、どうやら、無視されそうな雲行きです。

また、遊びにきてください(礼)。
2006.11.02 Thu 09:00 URL [ Edit ]
DUCEさん Posted by おしょう
いらっしゃいませ。いつもありがとうございます。

さて、
>死那の先代の主席である、江沢民は顔もまずけりゃ、やることもまずいときているのに対して、姜尚中の場合は、まあ顔は良いとしても、言うことはまずいですね。

まずいですなぁ。毒を撒き散らしております。

>日本をしつけの全くなっていない犬のように決め付けて、憲法第九条という首輪で、場合によっては首絞めによってでも押さえつけなければならないとでも考えているのでしょうか。
( ゚Д゚)ヴォケ!!  

わかり易い例えです。
まさに、一段高いところから見下すような論調で、日本をコキ下ろしますからなぁ。言っていることは、デタラメなくせに。
非常に、腹が立ちます。

また、遊びにきてください(礼)。
2006.11.02 Thu 09:00 URL [ Edit ]
tonoさん Posted by おしょう
いらっしゃいませ。いつもありがとうございます。

さて、
>★が足りない

そうですかぁ(笑)。
でも、もっと強烈な反日もいますぞ。

>姜
>何かに似ている字だとず~~と思っていたのですが、ふと思い出しました。
>(・∀・)コレダ!!
>「妻」と「妾」
>そういや、半島韓国人と在日韓国人って、こんな関係かもしれませんな。

なるほど。本国が「本妻」で、在日は「お妾さん」ですか。

>しかし、憲法改正が・アメリカの圧力だと・現状に合わせる為だと、こりゃまた低次元な発想だと思ったけれど、半島人なら多分真剣に考えたらこんなモンでしょうな。

そして、その低次元な発想に踊らされている反日日本人は、救いようのないバカです。
同じ日本人として、とても恥ずかしく思います。

>憲法改正は、ただ、「日本の、日本人による、日本の為の憲法」が無いから、作ろうとしているのではないでしょか?

そうですね。敗戦後の占領下では、現行の憲法を受け入れざるを得ませんでしたが、とっくに独立を果たしているわけですから、自国の憲法を自分たちで見直すのは当たり前の話です。

>「憲法改正」は、手続き上「日本国憲法」の名前を変える必要も無いし、使える条文もあるから「改正でも良い」のであって、基本は新憲法の作成にあると思うのですじゃ。
ここまでは、無知な「妾」に講義してやっても良いけれど(多分理解は出来ますまいが)

う~ん、9条を改正するだけで、これだけの騒ぎになるのですから、新憲法の制定となると、いつになることやら…。とにかくは、まず、反日日本人を一掃せねばなりますまい。

>「祀る国家は戦争する国家」
>なんじゃこりゃぁ?ポポポポポ( ゚д゚)゚д゚)゚д゚)゚д゚)゚д゚)ポカーン…×∞
>気を取り直して、これは逆説なんでしょうか。

いや、本人は大真面目で主張しているのでしょう。常人には、到底理解できない珍説ですが(笑)。

>「戦争そのものは未だ国際法でも犯罪ではなく、独立国として当然の権利」
よって、世界中の多くの国がそうであるように、国の存亡の危機には戦争が不可避であろうが国のために戦死した人は「祀る」のが当然。よって、靖国には参拝すべし。

仰る通りだと思います。こんな当たり前のことに、異議を唱えるほうがどうかしています。

>と言いたいのだけれど、「妾」なので本心をズバッと言うと「本妻」にシバかれる辛~~い立場が現れている、苦渋のインタビューでした。な訳ありませんな。

どうでしょう(笑)。

また、遊びにきてください(礼)。
2006.11.02 Thu 09:01 URL [ Edit ]
小楠さん Posted by おしょう
いらっしゃいませ。いつもありがとうございます。

さて、
>韓国人に聞いてどうする

本当ですよなぁ。こういうバカげたサイトは、即刻、閉鎖に追い込むべきです。

>歴史問題を考えれば考えるほど、日本人は改憲が必要と知りますよ。

まさに(笑)。今は、自虐史観が蔓延してますから、エセ平和主義者に騙されている人が多いのだと思います。

>さあ、これも誰が自衛隊を持つ様に依頼したのかな?憲法を作った本人から軍隊を持って欲しいとまで言われたんだけど。

隣の国で、バカ同士がケンカをはじめましたからなぁ。
アメリカも冷汗ものだったのでしょう。

>>基本的にはアメリカの外圧です。
>なるほど、すると、この憲法を作った本人が、この憲法には欠陥があることを認めたということですな。

……。
↑小楠さん、姜尚中教授が固まってます。

>>集団的自衛権を一般法で規定するということになれば、人が死にます
>あほですか?

アホです(笑)。

>最後に、韓国は何のために軍隊をもっているのか説明してごらん。
軍隊を放棄すれば、念願の統一が適うかもよ。大丈夫、絶対に北から攻められないから。実例を見せてくれよ。

まぁ、説明はできないでしょう。アホですから…。

また、遊びにきてください(礼)。
2006.11.02 Thu 09:02 URL [ Edit ]
milestaさん Posted by おしょう
いらっしゃいませ。いつもありがとうございます。

さて、
>はぁぁ?の連続でした。

やっぱり、呆れましたか(笑)。

>ドイツドイツっていうけど、ドイツの国家と、ナチスと、日本の国家をごちゃごちゃにしていますね。

日本人はどうせバカだろうと、頭から決めつけている証拠です。

>>堂々と胸を張って軍隊を戦地に送り出したい
というような自己満足的な話ではありません。イラクでは、オーストラリア軍が自衛隊を護衛してくれていました。だけど、オーストラリアでは、非常に気を使って、「エンジニアを護衛している」と報道してくれているんです。

そうだったんですか…(ため息)。
オーストラリアの方々に、感謝せねばなりませんなぁ。
しかし、そんな大事なことを、なぜ、日本では報道しないのでしょう。
私たち国民が、海外で恥をかくではないですか。

>「自衛隊」だと知ったら、他国の軍隊に準ずるものを何でオーストラリアの軍隊が護衛しなくちゃいけないんだという世論がでてくると思います。国際社会で信頼を得るためにも、法整備はきちんとした方が良いということだと思います。

仰る通りです。付け足す言葉はみつかりません。

>「ベスト・オブ・はぁぁ?」はここ
>>集団的自衛権を一般法で規定するということになれば、人が死にます。人が死ねば祀らなくてはならない。祀る国家は戦争する国家です。
>めちゃくちゃな論理ですね。東大はサヨク教授が多いと聞いてはいたけれど、こんなに幼稚な論理が飛び出るとは驚きです。

こういう幼稚な論理を真に受ける学生がいないことを、ただただ祈るばかりです。

>軍隊持っている国は、どこも人がバタバタ死んでいるんですか?防衛力のない国に、ミサイル打ち込まれたら人が死ぬんですよ。それに「祀る」の意味がちゃんとわかっているんでしょうかね。

姜尚中教授は、ポスコロ思想で日本を侵略しようとしている尖兵ですから、何がなんでも日本が正規の防衛体制を整えることを阻止したいのでしょう。よって、「祀る」という言葉も、意味もわからず並べ立てたに過ぎないと思います。

>>★が足りない
>tonoさんに賛成。

そうですか(笑)。検討してみます。

また、遊びにきてください(礼)。
2006.11.02 Thu 09:03 URL [ Edit ]
黒羊さん Posted by おしょう
いらっしゃいませ。いつもありがとうございます。

さて、
>外人が、内政に干渉するなんて、言語道断ですね。即刻国外退去処分できる法律を作らないとね。

まったくです。自分の立場もワキマエられないで、人を教育しているとは笑止千万です。

>朝鮮人なんだから、韓国なり、北朝鮮なりを普通の国にする努力をしてほしいもんです。
日本のことは日本人がちゃんとします。

そうですよなぁ。こう言われるのが嫌なら、帰化すればよいのです。
えっ?
そうですか…、帰化も認めませんか…(苦笑)。

>ドイツが過去の清算をきちんとしたと、暗に日本がしてないような言い方してますけどね、日本もきちんと清算したですよ。残念なことに隣に、努力しないで人のせいにする人々の集まる国がいて、ずっと勝手に日本にたかってるだけです。

そして、そのタカリに手を貸す反日日本人がいるのですから、赦せません。

>ドイツの周りにタカリがいないだけ。後ドイツは、全部ナチのせいにした。
日本は、軍だけのせいにはしていない。

そういう日本人の生真面目さを突いて、タカっているのですよな。
まったく、腹立たしい。

>姜に一言
帰れ、そして二度と来るな!!

その通りだ!

また、遊びにきてください(礼)。
2006.11.02 Thu 09:05 URL [ Edit ]
NS大川さん Posted by おしょう
いらっしゃいませ。いつもありがとうございます。

さて、
>ドイツ政府はねぇ、「優性保護政策(例、ユダヤ人ホロコースト)の責任は、ヒトラーとナチスにあり、ドイツ人に罪はない。罪はないが、お金は支払う。」といって、ユダヤ問題関係への個人賠償をしただけで、国家としては謝罪も賠償もしていないんだよ。

しかし、日本は東京裁判で裁かれた人たちに責任を押し付けるのではなく、キチンと国家として清算し、被害国(?)とは条約を締結させているんですよね。

>二度とアメリカには刃向かえないように毒抜きされただけだろ。あれは。しかも、あれは、講座派といわれるマルクス主義に影響力を感じてる連中(ニューディーラー)によって、作られただけで、それにサヨクが乗っかっただけのこと。

サヨクたちにしてみれば、まさに「してやったり!」だったでしょうなぁ。
なにしろ、旧ソ連が軍事侵略し易いような国体になったのですから…。
紙一重(私はそう思っています)で、かわすことができましたが(冷汗)。

>自分の国も愛せないような人間が世界で尊敬されるとでも?
逆に馬鹿にされますよ。
低次元の発言。だったら、それを世界中に行って流布して回りなさい。どっかで、亡き者にされてると思いますから。

寄生虫ですから…(笑)。
こういう「妄言」が、日本でしか通用しないことくらいは、本人もわかっているでしょう。一応、これでも東大教授ですぞ(爆笑)。

>じゃあ、宗教を否定する共産主義国家が戦争をするのはどうして?

(逃げるな!)
↑NS大川さん、取り押さえました。

>祀ることをしない国家は、罰当たりであり、人間が連続した生命のうちのひとつである。ということを忘れた傲慢な国家ですよ。
姜教授。では、墓参りを止めてはどうですか。www

仰る通りです。先祖を敬う、あるいは、愛する人たちを護るために尊い命を捧げた方に頭を下げる気持ちを無くしたら、もはや「人」とはいえません。

>軍として認めない考え方は「本物の軍国主義者」のやることですよ。クーデターを起こして、軍事独裁政権を作る事だって可能なんですから。あるいは、侵略軍に迎合するとか。
姜教授。尻尾が出てますよ。w

(暴れるなよ!)
↑今、必死に尻尾を捕まえてます(汗)。

>神話の世界から脈々と続いてきて、アインシュタインも感激したこの国の国柄を、イデオロギーで教授になってる奴に言われたかないよ。

まさか、いくらバカでも、「自分はアインシュタインよりも偉大だ」とは言わないでしょう(笑)。

>戦前の国柄の時は、尊敬の目で見られ、戦後は、利用され、軽蔑される対象でしかないのはどういうこと?

すべて、反日日本人の責任です。これだけは、言い切ります。
反日日本人さえいなければ、寄生虫が「はびこる」こともなかったでしょう。

>ハワイなんかに行くと、ヤンキー(アメリカ野郎)は、日本人の女性なんて、ただのセックスマシーンにしか見てないんだよ。
これ以上堕落して、尊敬されると?

ああぁ…、こういう哀しい話は…。

>論より証拠。妄想のしすぎで、現実と理想の区別もつかなくなったんじゃないのか。w
カルタゴをみよ。カルタゴを。

私は、この手の人間を、「妄想性人格障害者」と呼んでいます。

また、遊びにきてください(礼)。
2006.11.02 Thu 09:06 URL [ Edit ]
かっぱやろうさん Posted by おしょう
いらっしゃいませ。いつもありがとうございます。

さて、
>顔を出すとでスね。
いつも言いたいこと言われてんでスよなあ。
あちしが来るのが遅いんでしょか?

拙僧が、かっぱさんのサイトに訪れるのが遅いときも同じように感じますよ。
欠かさず、来ていただけるだけで、感謝感激です。

>>憲法問題は、歴史問題とセットで考えるべき
セットで考えるとー。
何かいいことあるんでスかねえ。

(爆笑)。さぁ…、あるんでスかねぇ。
わかりませんよなぁ。

>憲法は、歴史をよーく考えて。
自国にあったものを制定しろと。
そゆことでスね。

むっ?

>え?
違う?
日本が過去にヒドイことしたからって?
( ゚Д゚)ハァ?

ひどい、ヒドイ、酷い、非道い…?
ちょっと待ってくださいよ、血圧計を用意しますね。

>憲法で戦争してるわけじゃござんせんから。
歴史と憲法は関係ないでスね。

ありゃ(ずっこけ)。怒らなかったんですなぁ。では、血圧計は、仕舞います。

>なーんちて。
失礼しまスた。
<(_ _)>

また、遊びにきてください。
<(_ _)>
2006.11.02 Thu 09:07 URL [ Edit ]
再投稿 Posted by NS大川
>しかし、日本は東京裁判で裁かれた人たちに責任を押し付けるのではなく、キチンと国家として清算し、被害国(?)とは条約を締結させているんですよね。


日本は、国家として謝罪と賠償をきっちりとやってますね。自称被害国にたいして。
北朝鮮に対しても、国交こそ結んでませんが、謝罪は何回もしてますし、賠償も、韓国のときに一緒に払ってます。韓国は、北の分とまとめて掠め取って国民に還元しませんでしたが。
国民も一定の責任は取りましたね。謝罪と賠償にかかった金銭は、国民の税金で負担されてますし。彼らの理屈でいったら、日本はかなりの「精神的苦痛」を被ったので、天文学的な賠償と、謝罪をしてもらう必要がありますな。もっとも、日本は「恥の文化」なのでそんなことしませんけど。

そ・し・て、戦後ドイツの知識人たちは、ドイツの国の文化などを必死になって守りましたが、日本の知識人たちは、GHQ、ソ連、中国に迎合するばかりで、文化・風土を守ってこなかったのです。(怒)
きーっ!許せん。
2006.11.02 Thu 11:42 URL [ Edit ]
Posted by 黒羊
日本の知識人は、右翼の名の下に軒並み粛清されましたから、守るも人も存在しなかったんです。GHQによりほぼ皆殺しにされましたから、馬鹿しか残らなかったんです。
ドイツは白人の国ですから、黄色人種に対する、不当な扱いとは異なります。白人と黄色人種は扱いが違うんですよね、白人にとっては。

大川周明
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%B7%9D%E5%91%A8%E6%98%8E
代表例として上げさせていただきます。Wikiには右翼思想家と紹介してありますが、彼は保守系知識人です。
結果、迎合するのは社会主義系の似非知識人のみなので、そりゃ伝統や文化を守るどころか破壊しようとしますよね。

2006.11.02 Thu 15:26 URL [ Edit ]
Posted by トンチャモン
こちらでははじめましてになります。
既に食い尽くされていてほとんど骨しか残っていませんが、私からも。

>このような発言の奥底には、今の日本国憲法が、かなり古いと思われているから、これをどのように現在的、現実的に保持していくかを考えなければ、改憲論には太刀打ちできないぞ、というような思いがあるような気がします。

 この編集部の人は、護憲という結論を先に用意して、理屈を後から考えようとしているようですね。現憲法が古い、現実的でないなら、改憲を考えてもいいと思うのですがね。まあ9条マガジンの中の人じゃ無理もないか。 

>編集部 最近よく「国柄」という言葉を聞きます。特に改憲派が「国を愛する心」などと言いながら、この「国柄」をよく使いますね。

>姜尚中 日本国内での動きとしては、確かに嫌な使われ方をしています。

 姜尚中氏にとっては嫌な使われ方なんだろうな~。

 
2006.11.02 Thu 17:00 URL [ Edit ]
Posted by トンチャモン
それと、この人こんなこともいってます。「東北アジアについて、日本が真剣に考えてこなかった」から北東アジアでなく、英語の『ノース・イースト・エイジャ』をそのまま訳して北東アジアとよんでいる。日中韓では、東西が南北より先になるのが普通だそうです。

http://www.chunichi.co.jp/00/desk/20060204/col_____desk____000.shtml

 そうだとすると、北東アジアについて考えてこなかったが、東南アジアについては考えてきたってことになりますね。だとしたら、日本人は周りが良く見えていたなってことになると思います。
 付き合うメリットのある国のことを考えたいですね。
 
 にしても、私の大学は教職員はまともな人がほとんどで、よかったですよ。
2006.11.02 Thu 17:04 URL [ Edit ]
「役不足」の意味について Posted by トンチャモン
2006.11.02 Thu 17:06 URL [ Edit ]
NS大川さん Posted by おしょう
再投稿ありがとうございます。

さて、
>日本は、国家として謝罪と賠償をきっちりとやってますね。自称被害国にたいして。
北朝鮮に対しても、国交こそ結んでませんが、謝罪は何回もしてますし、賠償も、韓国のときに一緒に払ってます。韓国は、北の分とまとめて掠め取って国民に還元しませんでしたが。

韓国は、あのときのお金(確か、5億ドル?)を、何に使ったのでしょう。
中国は、確か「賠償金はいらん」と辞退したのですよね。そのかわり、ODAは大威張りで受け取りましたが…。

>国民も一定の責任は取りましたね。謝罪と賠償にかかった金銭は、国民の税金で負担されてますし。

その通りです。

>彼らの理屈でいったら、日本はかなりの「精神的苦痛」を被ったので、天文学的な賠償と、謝罪をしてもらう必要がありますな。もっとも、日本は「恥の文化」なのでそんなことしませんけど。

日本人の「お人よし」も、あまり度が過ぎるのは考えものです。

>そ・し・て、戦後ドイツの知識人たちは、ドイツの国の文化などを必死になって守りましたが、日本の知識人たちは、GHQ、ソ連、中国に迎合するばかりで、文化・風土を守ってこなかったのです。(怒)
きーっ!許せん。

進歩的文化人と呼ばれる輩のことですか。
奴らは、後世に語り継ぐべき売国奴たちです。
2006.11.03 Fri 09:43 URL [ Edit ]
黒羊さん Posted by おしょう
再度のコメントありがとうございます。

さて、
>日本の知識人は、右翼の名の下に軒並み粛清されましたから、守るも人も存在しなかったんです。GHQによりほぼ皆殺しにされましたから、馬鹿しか残らなかったんです。

ははぁ、残りカスのバカが、進歩的文化人とやらの正体ですか(笑)。

>ドイツは白人の国ですから、黄色人種に対する、不当な扱いとは異なります。白人と黄色人種は扱いが違うんですよね、白人にとっては。

の、ようですね。

>大川周明
>代表例として上げさせていただきます。Wikiには右翼思想家と紹介してありますが、彼は保守系知識人です。

へぇ、研究すると面白そうな人ですなぁ。

>結果、迎合するのは社会主義系の似非知識人のみなので、そりゃ伝統や文化を守るどころか破壊しようとしますよね。

まったく、共産主義・社会主義というのは、考えれば考えるほど腐ってます。
2006.11.03 Fri 09:46 URL [ Edit ]
トンチャモンさん Posted by おしょう
いらっしゃいませ。コメントありがとうございます。何度か、静流さんのお部屋でご一緒しましたね。今後とも、よろしくお願いします。

さて、
>既に食い尽くされていてほとんど骨しか残っていませんが、私からも。

ご遠慮なく(笑)。

>この編集部の人は、護憲という結論を先に用意して、理屈を後から考えようとしているようですね。

まさに、憲法改正=悪、という結論ありきで話をしています。だから、おかしな屁理屈だらけになるのでしょう。

>現憲法が古い、現実的でないなら、改憲を考えてもいいと思うのですがね。まあ9条マガジンの中の人じゃ無理もないか。

しかし、このマガジン9条というのは、いかがわしい団体ですよなぁ。
カンパと称して市民から金を集め、子供だましのシールを配って喜んでおりますが、集めた金の流れが、まったく不透明です。

>姜尚中氏にとっては嫌な使われ方なんだろうな~。

まぁ、外国人に日本の「愛国心」や「国柄」を、どうのこうのは言って欲しくないですなぁ。

>それと、この人こんなこともいってます。「東北アジアについて、日本が真剣に考えてこなかった」から北東アジアでなく、英語の『ノース・イースト・エイジャ』をそのまま訳して北東アジアとよんでいる。日中韓では、東西が南北より先になるのが普通だそうです。

そうですか(笑)。
日本をバカにする話題に事欠いて、こんなことまで言っていましたか。
東北アジアだろうが、北東アジアだろうが、指す地域は一緒なのですから、好きに言わせとけばいいのではないですかねぇ。それとも、東北と北東を言い換えたことで、実態が変わるとでもいうのでしょうか。誰が『ノース・イースト・エイジャ』を直訳して使い始めたかは知りませんが、こんなことで、日本全体を「西方浄土」の思想が根強いと決めつけて、バカにされたくはありませんなぁ。
こういう次元で揚げ足取りをしてもいい、ということであれば、私も半島人に言いたいことがゴマンとありますわ。

>そうだとすると、北東アジアについて考えてこなかったが、東南アジアについては考えてきたってことになりますね。だとしたら、日本人は周りが良く見えていたなってことになると思います。
付き合うメリットのある国のことを考えたいですね。

さすが、深いですなぁ、仰っていることが…。
大賛成です。

>にしても、私の大学は教職員はまともな人がほとんどで、よかったですよ。

トンチャモンさんの大学教授はマトモな方が多いですか。どこかは存じませんが、そういう大学もあるということを聞いて、少し安心しました(笑)。
しかし…、東京大学は、なんでよりによって、こんなバカ外国人に教壇を任せるのでしょう。日本人の中にも、もっと適任者がいるはずでしょうに…。

また、遊びにきてください(礼)。
2006.11.03 Fri 09:48 URL [ Edit ]
在日の意見として取り上げます。 Posted by クリスタニア
>ぼくは、日本を決して特殊な国とは見ていません。さきほど言ったような平和を愛する「国柄」なんです。そういう「国柄」である日本は、科学的技術的に一応は先進国であり、豊かさを謳歌している。そして、軍事力の行使については、非常に臆病な国です。
臆病というのは、決して悪い意味ではありません。非常に慎重であると。その慎重さにおいて、9条、特に2項を持っている日本が、非常に特殊な国であるなどとは思われていないのです。アメリカでさえも、そう見ているはずですよ。


世界は、日本は特殊の国だと思っていますよ。(こんなに自国の近代歴史を他国の干渉に折り曲げられてるのは??日本だけなのでは??しかも現在進行形で、又、難民扱いの在日朝鮮人(外国人)にだけ甘い政策なのも日本だけ、他の国なら切捨てご免だ・・)

経済では大国でも、軍事政策はからっきしな変な国とも思われている。(過去は凄かったけど^^)

>憲法では9条と20条、政教分離の問題がリンクしています。集団的自衛権を一般法で規定するということになれば、人が死にます。人が死ねば祀らなくてはならない。祀る国家は戦争する国家です。

集団的自衛権を一般法にするだけで、人が死ぬんですか・・・じゃあ他の国々では人がいっぱい~~死ぬんですね・・・・・(笑)
祀ることをしない国家が、どうなっているのか知ってから意見をどうぞ・・・・
2006.11.03 Fri 17:49 URL [ Edit ]
クリスタニアさん Posted by おしょう
いらっしゃいませ。いつもありがとうございます。

さて、
>在日の意見として取り上げます。

んっ?

>世界は、日本は特殊の国だと思っていますよ。

思ってますよなぁ(苦笑)。
ホント、恥ずかしいです。

>こんなに自国の近代歴史を他国の干渉に折り曲げられてるのは??日本だけなのでは??しかも現在進行形で、又、難民扱いの在日朝鮮人(外国人)にだけ甘い政策なのも日本だけ、他の国なら切捨てご免だ・・

まったくです。
やはり日本国民は、もっとしっかりせねばなりません。そのためにも、まずは反日日本人たちを駆除することが先決でしょう。そうすれば、自然に在日も好き勝手ができなくなると思います。

>経済では大国でも、軍事政策はからっきしな変な国とも思われている。(過去は凄かったけど^^)

軍事大国になる必要はないと思いますが、せめて、「日本は金だけ出せばいいと思っている」などと、他の国から嘲笑されないようにならなければなりませんよね。

>集団的自衛権を一般法にするだけで、人が死ぬんですか・・・じゃあ他の国々では人がいっぱい~~死ぬんですね・・・・・(笑)
祀ることをしない国家が、どうなっているのか知ってから意見をどうぞ・・・・

この姜尚中教授は、言っていることが無茶苦茶でしょう(笑)。これでは、小学生も騙せません。

また、遊びにきてください(礼)。
2006.11.04 Sat 19:49 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://toraichiclub.blog53.fc2.com/tb.php/78-febd9b22

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。