残念ですが、わが国には「サヨク」や「反日日本人」と呼ばれるゴキブリが生息します。そいつらを、徹底的にスリッパで叩き潰します!
日教組問題 | 反日日本人の正体 | 東京新聞 | 特定アジア | 事件・事故 | 戦争はまだ終わっていない? | 歴史教育考 | 人権擁護法案 | 凶悪犯罪 | 日本の心 | 言の葉のはなし | 阪神タイガース | わたくしごと | お知らせ | ひとり言 | その他 | ★小説★ 七つの心  | ★小説★ 迷路 | カルトの正体 | 大和魂 | ゆがんだ世論誘導 | 寄生虫の正体 | 
自己紹介です
拙ブログへようこそ!

おしょう

Author:おしょう
日本が、大好きです!

リンク
応援↓してます

blue-22.gif

明日へ架ける橋  
FC2カウンター
ご訪問いただき
ありがとうございます
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
おしょうのあしあと
いっぱい↓エントリーしてます

全ての記事を表示する

古い記事でもコメントください
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2006.10.03 Tue
反日日本人の正体 その13
国旗・国歌訴訟の原告と弁護団が、フザケた声明を出している。
miracleさんのサイトで取り上げられている話題だが、私も追及させていただく。
こいつらに、日本人の資格などない。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(以下引用)

「控訴に抗議する声明文」

          声 明

東京地方裁判所が国歌斉唱義務不存在確認請求等訴訟について去る9月21日に言い渡した判決(以下「本件判決」)に対し、東京都教育委員会及び東京都は、本日、控訴手続きを取ったことを発表した。
われわれ原告団・弁護団は、都教委及び都が1O.23通達及び処分の撤回を求めるわれわれの要請を無視し、控訴したことに対し、強く抗議する。

本件判決は、10.23通達とこれに関する一連の都教委の校長に対する指導が、卒業式・入学式等での国旗掲揚、国歌斉唱の実施方法や、教職員に対する職務命令の発令等について、各学校の裁量の余地なく画一的に都教委の方針を強制するもので、教育の自主性を侵害し、教基法10条の禁ずる「不当な支配」に該当するもので違法とした。
また、教職員に対し懲戒処分などをしてまで一律に起立・斉唱・ピアノ伴奏等の義務を課した10.23通達とこれに基づく職務命令は、憲法19条で保障された思想・良心の自由を侵害し、違憲であるとして、起立・国歌斉唱・ヒアノ伴奏義務等の不存在、懲戒処分の禁止、慰謝料の支払いを認めた。

都教委及び都が本件判決に対し控訴したことは、行政が司法判断を重く受け止めてその姿勢を正す貴重な機会を自ら放棄したものである。

本件判決には、学習指導要領のみを金科玉条のごとく振りかざして強権的に処分を重ね、憲法や教育基本法を一顧だにしなかった都教委の姿勢が法的に見ていかに誤っていたかが、明確に指摘されている。
本件判決を受けてなおその誤りを正そうとしない都教委は、憲法尊重擁護義務(憲法99条)に明白に違反しており、また教育に携わる者としての良識が全く欠けているというほかない。
それどころか、報道によれば、都教委は、判決翌日に臨時校長連絡会を開いて都立学校の校長を招集し、本件判決によって違憲違法と判断された10.23通達に基づいて今後も国旗国歌の指導を実施するよう指示した、とのことである。
これは、都教委が、本件判決で教育の自主性を侵害する、と厳しく指摘された、校長らに対する強権的手法を更に重ねていることに他ならない。
都教委が、今後も卒業式等における国旗国歌の強制を繰り返せば、原告らは、そのたびに、懲戒処分等の強制の下、自己の信念に従って職務命令を拒否するか従うかの岐路に立たされるのである。しかも、原告らに対する懲戒処分は重くなり続けるのであるから、そのことによる原告らの思想・良心の侵害は著しい。
にもかかわらず、控訴を選択した都教委の姿勢は、思想・良心の自由は権利侵害後の事後的救済にはなじまないとして国歌斉唱義務不存在および処分の差し止めを認めた本判決を全く無とするものであり、断じて許されない。

控訴審判決では、そのような都教委の無反省かつ強引な手法は、違憲違法性を認識しながらあえてこれを改めない一段と違法性の高い行為として非難されるであろう。
われわれは、控訴審においても、本件判決が認めた、民主主義社会における思想・良心の自由の保障の重要性、教育に対する行政権力の不当・不要な介入から教育の自主性を守ることの重要性などを引き続き強く訴え、司法判断を確実なものにしていく所存である。

2006年(平成18年)9月29日

国歌斉唱義務不存在確認等請求訴訟原告団・弁護団

(以上、原文ママ)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

何だ、この能書きは。
バカ教師どもは抜きにしても、弁護団とやらに加わっている弁護士たちは法律を知らないのだろうか。
判決に不服があれば、原告にも被告にも最高裁まで争う権利を、法律では認めているではないか。

>都教委及び都が本件判決に対し控訴したことは、行政が司法判断を重く受け止めてその姿勢を正す貴重な機会を自ら放棄したものである。

アホか。
あんなオカシナ判決を認めたら、多くの国民が納得しないということに、まだ気づいていないのか。
それに、こんなクダラナイ訴訟のために、無駄な税金が使われている都民の皆様のことを少しは考えろ。

>本件判決を受けてなおその誤りを正そうとしない都教委は、憲法尊重擁護義務(憲法99条)に明白に違反しており、また教育に携わる者としての良識が全く欠けているというほかない。

教育に携わる者としての良識が全く欠けているのはどっちだ!
自分たちのエゴだけで、卒業式などを滅茶苦茶にしておいて、よくもまぁ抜けぬけとこういう寝言が言えるな。

>思想・良心の侵害は著しい。

だったら教師を辞めなさいよ。

>われわれは、控訴審においても、本件判決が認めた、民主主義社会における思想・良心の自由の保障の重要性、教育に対する行政権力の不当・不要な介入から教育の自主性を守ることの重要性などを引き続き強く訴え、司法判断を確実なものにしていく所存である。

冗談抜きで、お前らいったい何様だ!
公立学校は、国や自治体が管理しているものであろう。つまりは公共の場である。そこに、断りもなくオカシナ思想を勝手に持ち込んで、思想・良心の自由もクソもあるか。

もう一度言う。
お前ら教師を辞めろ!


スポンサーサイト

反日日本人の正体    Comment(8)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
Posted by NS大川
公務員は、権利が制限されて当たり前であり、税金をもらって「国の一員」として仕事をしているんだから、個人の思想信条は抑えて当たり前である。


>われわれは、控訴審においても、本件判決が認めた、民主主義社会における思想・良心の自由の保障の重要性、教育に対する行政権力の不当・不要な介入から教育の自主性を守ることの重要性などを引き続き強く訴え、司法判断を確実なものにしていく所存である。

はい、日本は民主主義社会なので、圧倒的少数者であるあなたたちの主張は認められません。また、教育者は労働者と違うので、権利は制限されます。法以前の常識を知ってから出直して来い。ていうか、来るな。

>本件判決を受けてなおその誤りを正そうとしない都教委

日本は、三審制の国です。最高裁で確定してからそういう寝言を言え。

>教育に携わる者としての良識が全く欠けているというほかない。

鏡を見てごらんなさい。

>本件判決には、学習指導要領のみを金科玉条のごとく振りかざして強権的に処分を重ね、憲法や教育基本法を一顧だにしなかった都教委の姿勢が法的に見ていかに誤っていたかが、明確に指摘されている。

本件の抗議文は、一判決のみを金科玉条のごとく振りかざして強権的に教育を私物化しようとし、公務員法や教育の精神を一顧だにしなかった原告・弁護団の姿勢が客観的に見ていかに誤っていたかが、明確に指摘されている。


早急なる教育基本法の改正と、公務員のリストラへの法整備を求めます。
そして、サヨク偏向教師の反日行為によって、肉体的・精神的・金銭的な被害を東京都民に被らせ、日本人に、精神的な被害を被ったので、「謝罪と賠償」を求めます。



2006.10.03 Tue 12:06 URL [ Edit ]
おおっ Posted by かっぱやろう
おしょうさん、怒ってる・・・
あんまり怒ると血圧上がりますよー。
とかいってみたり。
でも。
クソ教師もクソ弁護士も。

辞めちまえ。

ヴァカはヴァカらしくあの世で説法たれてろ。
って意味分かりませんが。
はっきり言ってでスねー。
こんな教師不要でス。
懲戒免職とかぢゃなくて、国外退去にしてほしいくらい。
そんなに日本がキライなら。
よその国行けばいいぢゃん。
あ、日本でぬくぬくしてるのがスキなのか。
罰されもしないしねー。
ちうことはでスね。
筋金入りの反体制派ぢゃないってことでスね。
要は根性なし?
すみません。
あちしもヒートしてわけ分からなくなりまスた。
<(_ _)>
2006.10.03 Tue 13:31 URL [ Edit ]
都合の良いことばかり Posted by DUCE
思想・良心の自由と言うのは、エゴの自由じゃありません。そもそも法律と言うものが、既存の秩序保全のためにあるのであって、秩序の中での自由だと言うことは常識なはずです。
彼らはさも、日章旗、君が代を導入するお上をファシズム扱いしていますが、本当にファシズムならば、彼らの主張する自由なんかありえないだろうに、矛盾しています。
2006.10.03 Tue 15:22 URL [ Edit ]
NS大川さん Posted by おしょう
いらっしゃいませ。いつもありがとうございます。

いや~ぁ、熱いですなぁ。
私がエントリーした本文より、NS大川さんのコメントのほうがずっと「熱い」です。
したがって、何も付け加える言葉はありません。

また、遊びにきてください(礼)。
2006.10.03 Tue 18:49 URL [ Edit ]
かっぱやろうさん Posted by おしょう
いらっしゃいませ。いつもありがとうございます。

さて、
>おしょうさん、怒ってる・・・
あんまり怒ると血圧上がりますよー。

NS大川さんよろしく、このバカどもに「謝罪と賠償」を求めます。

>クソ教師もクソ弁護士も。
辞めちまえ。
ヴァカはヴァカらしくあの世で説法たれてろ。

そうだそうだ~っ。
日本人のくせに日本を貶めるような奴は、どっかへ飛んでけ~。

>こんな教師不要でス。
懲戒免職とかぢゃなくて、国外退去にしてほしいくらい。

たとえ教師をクビになっても、反日活動は止めないでしょうからなぁ。
ホントにサヨクは日本の「ガン」ですよ。

>そんなに日本がキライなら。
よその国行けばいいぢゃん。
あ、日本でぬくぬくしてるのがスキなのか。
罰されもしないしねー。

言いたいこと言って世間を混乱させて、何も罰せられないんですからなぁ。

>筋金入りの反体制派ぢゃないってことでスね。
要は根性なし?

いや、「脳みそなし」です。

>あちしもヒートしてわけ分からなくなりまスた。
<(_ _)>

ヒートしちゃイヤっ。

また、遊びにきてください(礼)。
2006.10.03 Tue 19:00 URL [ Edit ]
DUCEさん Posted by おしょう
いらっしゃいませ。いつもありがとうございます。

さて、
>思想・良心の自由と言うのは、エゴの自由じゃありません。

その通りですよ。考えるのは勝手でも、それを行動に移して人様に迷惑をかけたらいけません。

>そもそも法律と言うものが、既存の秩序保全のためにあるのであって、秩序の中での自由だと言うことは常識なはずです。

哀しいことに、その常識がまったくわかっていないんですなぁ。それで教師だというんですから、ホントに寒気がします。

>彼らはさも、日章旗、君が代を導入するお上をファシズム扱いしていますが、本当にファシズムならば、彼らの主張する自由なんかありえないだろうに、矛盾しています。

ご尤もです。まぁ、論理矛盾と行動の矛盾は、サヨクたちのお家芸なんでしょうけど(苦笑)。

また、遊びにきてください(礼)。
2006.10.03 Tue 19:07 URL [ Edit ]
Posted by クリスタニア
高だか400人+弁護団の輩に、教育の場を踏みにじられているのは、貴様ら何様だと言う気分になります。
公務員だけではなく、働く者全てにおいて、ある程度の制約が発生するのは当たり前のことであり、都の教師においては、10.23通達(国旗、国歌斉唱は当たり前なのですが)がそれに該当する。

>そのことによる原告らの思想・良心の侵害は著しい。

逆説的に、国旗、国歌斉唱をするなと批判するのも思想・良心の侵害は著しい・・・。(私(私たち)の気分を害した・・・っての認められるのかな・・・)

この所学校に纏わる事件が多すぎる・・・恥を知らない親、愚かな思想の公務員と抜本的な教育改革が本当に重要であると感じます。
2006.10.03 Tue 20:47 URL [ Edit ]
クリスタニアさん Posted by おしょう
いらっしゃいませ。いつもありがとうございます。

さて、
>高だか400人+弁護団の輩に、教育の場を踏みにじられているのは、貴様ら何様だと言う気分になります。

なりますなぁ。踏みにじってますなぁ。赦せんですなぁ。

>公務員だけではなく、働く者全てにおいて、ある程度の制約が発生するのは当たり前のことであり、都の教師においては、10.23通達(国旗、国歌斉唱は当たり前なのですが)がそれに該当する。

しますなぁ。常識がわかってないですなぁ。
ホント、このバカ教師どもは、子どもより子どもですわ。

>逆説的に、国旗、国歌斉唱をするなと批判するのも思想・良心の侵害は著しい・・・。

それにより、私の血圧を上げた責任を、キチンと取ってもらいたいものです。

>恥を知らない親、愚かな思想の公務員と抜本的な教育改革が本当に重要であると感じます。

ご尤もです。

また、遊びにきてください(礼)。
2006.10.03 Tue 21:23 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://toraichiclub.blog53.fc2.com/tb.php/52-04fd095c

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。