残念ですが、わが国には「サヨク」や「反日日本人」と呼ばれるゴキブリが生息します。そいつらを、徹底的にスリッパで叩き潰します!
日教組問題 | 反日日本人の正体 | 東京新聞 | 特定アジア | 事件・事故 | 戦争はまだ終わっていない? | 歴史教育考 | 人権擁護法案 | 凶悪犯罪 | 日本の心 | 言の葉のはなし | 阪神タイガース | わたくしごと | お知らせ | ひとり言 | その他 | ★小説★ 七つの心  | ★小説★ 迷路 | カルトの正体 | 大和魂 | ゆがんだ世論誘導 | 寄生虫の正体 | 
自己紹介です
拙ブログへようこそ!

おしょう

Author:おしょう
日本が、大好きです!

リンク
応援↓してます

blue-22.gif

明日へ架ける橋  
FC2カウンター
ご訪問いただき
ありがとうございます
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
おしょうのあしあと
いっぱい↓エントリーしてます

全ての記事を表示する

古い記事でもコメントください
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2006.10.01 Sun
ご意見をお聞かせください
私は以前より、とても疑問に感じていることがある。
今般は、その疑問を明らかにして皆様からのご意見を伺いたいと思う。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私の疑問点は、ズバリ「かつて日本は朝鮮を植民地支配した」という表現である。
果たしてそれは、正しい表現だといえるのだろうか。
どうも釈然としない。奇妙な違和感を、私は払拭することが出来ずにいる。

調べてみると、学術領域では「植民地」という表現が一般的のようである。
ところが、どうやら一部の識者や一般の民間人の中には、私と同じように「植民地という表現は適切ではない」と考えている方もいるようだ。それを私は最近、書籍やネットを通じて、はじめて知った。

ちなみに、中学生になる娘の教科書にも、「植民地支配」という表現がまるで当然であるかのごとく使われている。

本来、「植民地」という言葉の意味は、「ある国(本土)からの移住者によって、新たに経済的に開発された土地。特に、新領土となって本国に従属する地域」である。
この言葉の意味だけで解釈した場合、当時(1910年)に交わされた「日韓併合条約」を、イコール「植民地支配」として結びつけるには、やはり無理があるように思う。

「親日派のための弁明」の著者である金完燮氏(韓国人)は、その著書の中でこう述べている。

>ヨーロッパ列強にとっての「植民地」が遠く離れたところにある農場を経営するようなものだったとするならば、日本にとって朝鮮と台湾の統治は、隣の店舗を買いとって店を拡張するような行為だったといえる。(中略)ある人がソウルに住みながら、遠く離れたオーストラリアやニュージーランドに農場を所有していたとしてみよう。その人は現地に一定の投資をして収益をあげることだけに関心をもつだろう。しかし、自分の住まいであり職場でもある商店を経営する貧しい商人が、苦労して隣の店を購入することになったら、その人は新しく手に入れた店を一生懸命改装し、すでにある店とあわせて相乗効果を得ようとするだろう。19世紀末に台湾を、20世紀初めに朝鮮を併合した日本の立場は、まさにこのクモンカゲ(街角にある食品、飲料、日用品などを売る小さな個人商店)の主人のようなものだった。(引用終わり)

無論、金氏は韓国人としての立場で意見を述べているため、多少の違和感はあるが、概ね私は、この意見に賛成である。
日韓併合条約締結後、大韓帝国は正式に「日本」になった。つまり朝鮮の人々も、民族の違いこそあれ「日本人」になったのである。
これと似たようなケースとして、私はアメリカによるハワイ併合を思い浮かべる。
果たしてハワイは、アメリカの植民地だといえるだろうか。

また、評論家の黄文雄氏は、雑誌「正論」の平成15年6月号で、こう述べている。

>「日韓併合」と言われるものの本質は、日本の朝鮮植民地化ではなく、日韓の合邦だった。国家財政破綻に直面した李朝にとり、残された生存の道は、二つしかなかった。清国の属国から朝鮮省に昇格し、大清帝国に編入されるか、あるいは日本と合邦するかだ。結果的には日韓合邦は最良の選択だったといえる。当時の列国もすべて賛成しただけでなく、半島と利害関係の深かったロシアや清国でさえ異議を申し立てていない。強国志向だった当時の近代国民国家としての「国のかたち」としては、「同君合邦国家」が時代の主流だった。オーストリア・ハンガリー、スウェーデン・ノルウエー、さらにチェコ・スロバキアなどがそうである。後のユーゴスラビアにしてもそうだった。ヨーロッパや中近東、ラテンアメリカにおける合邦国家の離合集散の事例を挙げれば枚挙に暇がない。このような同君合邦国家をすべて「植民地理論」で片付けるのは、歴史捏造というほかない。(引用終わり)

この意見にも、私は概ね賛成なのである。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

実は、本日の午前2時ころに一度エントリーして、わずか5時間ほどで公開を保留にした記事は、日本による大韓帝国の植民地支配(?)に関する話題である。
あの東京新聞が、紙面で「植民地支配! 植民地支配!」と騒いでいるので、発作的に頭に血が上り私は記事を書いたのだが、冷静になって考えてみて、自説が正しいかどうか100%の自身がもてなかった。

さて、皆様のご意見はいかがであろうか。

やはり、「植民地支配」という表現が正しい、とお考えですか?


スポンサーサイト

歴史教育考    Comment(28)   TrackBack(1)   Top↑

Comment
Posted by しょぼ
この件に関しては語りたいことが山ほどありますね。

韓国の人間は、日本人は植民地時代に韓国の人間を
虫けらのように扱ったと主張しています。
しかし、日本は韓国を併合した当時、本国の税率を上げてまで韓国の発展に努めました。
さらに、創氏改名で強制的に日本名にさせられたと言いますが、
天皇の赤子の証である日本名を虫けらにつけさせようとするでしょうか?

韓国人や反日日本人の連中は、植民地のなんたるかを
理解していないのだと思います。
日本は韓国の経済に多大な貢献をした。
それを失ったのは韓・朝が朝鮮戦争を起こしたせい。
日本のせいにされては困ります。

ええい、言い足りない。口惜しい(笑)
2006.10.01 Sun 17:31 URL [ Edit ]
併合の解釈 Posted by 小楠
これは、韓国人らの言う、当時の併合が強制的であったと言うことを前提にした言い分でしょう。
しかし、この主張は21世紀に入ってからも、国際的に既に破綻しています。
世界は、併合が合法的であると認めています。詳しいことは、こちらに保存しています。
http://josaito.cool.ne.jp/korea/heigo.html

P.S.
私は日本の敗戦で、今ではよかったと思うことは、韓国が日本でなくなったということです。
2006.10.01 Sun 18:10 URL [ Edit ]
植民地の定義次第でしょうね。 Posted by 黒羊
当時の政府の公式文書でも植民地という言葉を使っていることもあります。
単純に殖民したところを植民地と呼ぶのであれば朝鮮半島はそれには当たらないと私は認識してます。
最近の研究では、植民地と言っても朝鮮や台湾に対するそれは、欧米のそれとは中身が異なるとと言うのが一般的のようですね。
問題としては、法令がいわゆる内地と異なる形式、内容であったことが挙げられるのではないでしょうか?
ただ収奪のみを行ったというのは、明らかに事実と異なりますね。
2006.10.01 Sun 20:41 URL [ Edit ]
Posted by 松任丸
実際の定義はともあれ「植民地」という言葉には「本国による軍事的な侵略と原住民に対する抑圧と収奪、搾取」といったイメージが付き纏っているのではないでしょうか?

と、すれば、「植民地」は日朝間の関係を表現するのには適当な報道語でなく、欧米の経営と差別化や政治的中立性からも別の語(例えば台湾で使われる「日治」《日治時代》や併合条約から「併合地」《併合時代》、あるいは日本そのものなのですから単に「日本」「朝鮮地方」「外地」《日本時代》など)に置き換えて表現するのが報道としては好ましいかと思います。
2006.10.01 Sun 23:50 URL [ Edit ]
Posted by NS大川
植民地という言葉は、やはり、適切ではありませんね。植民地という名称は、人材や資源の搾取があってこそのもので、逆にインフラを整備して投資したんだから植民地と呼ぶべきではないんです。「日本の一部であり、朝鮮という国など存在しなかった」と言いたい所ですが、あえて、「保護領」という言葉を使ったほうがしっくりくると思います。


考えてみれば、帝国主義が主流の時代には、「植民地」というものをより多く持っているほうがより上位なのだから、「植民地」という言葉で、自国を誇示するに決まっています。そもそも、安易に「植民地」という言葉を使ったのが、愚かだったんですね。

線引きは搾取した所が「植民地」、投資した所が「保護領」と私は考えています。


創始改名や日本語教育は、差別目的のはずがない。日本人と見分けがつかなければ、差別しずらいですから。

う~ん、やっぱ、朝鮮は保護領かな。
あの国には二度と関わりたくないですが。(-д-;)
2006.10.02 Mon 00:03 URL [ Edit ]
しょぼさん Posted by おしょう
ご意見ありがとうございます。

さて、
>日本は韓国を併合した当時、本国の税率を上げてまで韓国の発展に努めました。

こういう歴史的事実があるというのに、どうして「植民地支配」などという表現をするのでしょう。

>さらに、創氏改名で強制的に日本名にさせられたと言いますが、天皇の赤子の証である日本名を虫けらにつけさせようとするでしょうか?

確かに…、韓国人の主張は矛盾してます(笑)。
それに、創氏改名は強制ではなく、希望者には日本名を名乗ることを許した、というのが事実のようですね。

やはり結論としては、「植民地支配」という表現は適切ではない、ということになりますかな。
仰る通り、韓国人や反日日本人どもは、植民地という言葉の意味を理解していないどころか、せっかく日本が金や労力を注ぎ込んで整備したインフラを、内輪もめで目茶目茶にした事実を無視して、日本を一方的に悪く決めつけるのは言語道断です。
言い足りない点、今度機会があったら、また、お聞かせください。

2006.10.02 Mon 08:35 URL [ Edit ]
小楠さん Posted by おしょう
ご意見ありがとうございます。

さて、
>当時の併合が強制的であったと言うことを前提にした言い分でしょう。

そうですね。北朝鮮も含めて、併合は非合法だと見当違いの主張をしておりますが、世界中が合法であると認める事実を、なぜ捻じ曲げようとするのでしょう。無理やり「植民地支配」を受けた被害者だ、と歴史を歪曲しようとしてるに違いありません。
腹立ちますなぁ。

>私は日本の敗戦で、今ではよかったと思うことは、韓国が日本でなくなったということです。

確かに…(笑)。
2006.10.02 Mon 08:45 URL [ Edit ]
黒羊さん Posted by おしょう
ご意見ありがとうございます。

さて、
>単純に殖民したところを植民地と呼ぶのであれば朝鮮半島はそれには当たらないと私は認識してます。

よかった…、私とほぼ同意見です。

>最近の研究では、植民地と言っても朝鮮や台湾に対するそれは、欧米のそれとは中身が異なるとと言うのが一般的のようですね。

比較すればすぐにわかることです。こういう意見が一般的になるのも、当然の流れだと思います。

>問題としては、法令がいわゆる内地と異なる形式、内容であったことが挙げられるのではないでしょうか?

まさに…、日本の学者先生方は、この点を指摘して「植民地」という表現が妥当だとしているようです。
頭が痛いです…。
2006.10.02 Mon 08:55 URL [ Edit ]
松任丸さん Posted by おしょう
ご意見ありがとうございます。

さて、
>実際の定義はともあれ「植民地」という言葉には「本国による軍事的な侵略と原住民に対する抑圧と収奪、搾取」といったイメージが付き纏っているのではないでしょうか?

その通りです。
つまり、今の倫理観に置き換えて、「加害者」と「被害者」を明確にするために使われている言葉だと私は理解しています。

>と、すれば、「植民地」は日朝間の関係を表現するのには適当な報道語でなく

そうですよねぇ、メディアが不用意に「植民地」という言葉を使うことにより、国民は自然に自虐的な考え方をするようになってしまいます。ホントに困ったものです。

>「日治」《日治時代》
>「併合地」《併合時代》
>「日本」「朝鮮地方」「外地」《日本時代》

私は、「併合地」《併合時代》が適切ではないかと思います。
2006.10.02 Mon 09:07 URL [ Edit ]
NS大川さん Posted by おしょう
ご意見ありがとうございます。

さて、
>植民地という言葉は、やはり、適切ではありませんね。植民地という名称は、人材や資源の搾取があってこそのもので、逆にインフラを整備して投資したんだから植民地と呼ぶべきではないんです。

まさにその通りだと私も考えています(笑)。

>。「日本の一部であり、朝鮮という国など存在しなかった」と言いたい所ですが、あえて、「保護領」という言葉を使ったほうがしっくりくると思います。

む~ん、「保護領」ですかぁ。
「保護区」でもいいかもしれませんね。

>考えてみれば、帝国主義が主流の時代には、「植民地」というものをより多く持っているほうがより上位なのだから、「植民地」という言葉で、自国を誇示するに決まっています。

その当時の考え方を、今の考え方と混同して解釈するから違和感を感じるのでしょうなぁ。
目からウロコです。

>創氏改名や日本語教育は、差別目的のはずがない。

差別するつもりなら、朝鮮人のまま、まともに教育も受けさせないようにするはずです。
そんな簡単なことに、なぜ、気づかない人が多いのでしょうか。不思議です。
2006.10.02 Mon 09:23 URL [ Edit ]
むう Posted by かっぱやろう
植民地でスかあ。
植民地ってわりにゃ、エライ金かけてまスよねえ。
ハングルを復活させたりさ。
どっちかてーとボランティアみたいな気がしないでもないでスけどねえ。
きっと・・・
今のサヨサヨ教育からすると植民地にあたるんぢゃないかと。
そう考えてまス。
まーアレでスね。
自分とこで何度か書いてまスけども。
当時の出来事を今の物差しで計るのって。
スゲーナンセンスな気がするんでスよね。
半島の彼らも事大して、日本になんとかしてもらおうとしてたわけだし。
戦争に負けたら手の平返してこのザマでスから。
彼らのあーゆー態度って、男としてヒジョーにアタマきまス。
( ゚д゚)、ペッ
すんません、アタマに血が上りまスた。
あちしもおしょうさんの意見に激同でス。
<(_ _)>
2006.10.02 Mon 09:26 URL [ Edit ]
かっぱやろうさん Posted by おしょう
ご意見ありがとうございます。

さて、
>植民地ってわりにゃ、エライ金かけてまスよねえ。
ハングルを復活させたりさ。
どっちかてーとボランティアみたいな気がしないでもないでスけどねえ。

結果的に見ると「ボランティア」で終わってしまいましたね。しかも、「逆恨み」というオマケまでついて(ため息)。

>今のサヨサヨ教育からすると植民地にあたるんぢゃないかと。
そう考えてまス。

ということは、学校の教科書に「植民地支配」という言葉を使うのは問題ですよなぁ。偏ったイデオロギーを教えることに繋がりますから。

>当時の出来事を今の物差しで計るのって。
スゲーナンセンスな気がするんでスよね。

その通りですね。私もまったく同意見です。

>あちしもおしょうさんの意見に激同でス。

よかった、安心しました(笑)。
2006.10.02 Mon 12:08 URL [ Edit ]
Posted by miracleさん
おいらは植民地だったと思いますね。植民地という言葉にどのような定義をするかという問題ですが。

植民地は同じ時代に文明の格差がありすぎた17世紀~19世紀では必然的に起こってきた現象だったと思います。そのなかで文明の普及に役立ったという肯定的な視点も当然必要でしょうね。

まあ、おいらは植民地すべからく悪という見方には賛成できないですから、普通に「植民地じゃねえの」と思ったりします。
ぶっちゃけ植民地が独立しないほうが南北問題とか発生しなかったのではないかとか思ってしまいます。
2006.10.02 Mon 12:36 URL [ Edit ]
Posted by 黒羊
>ぶっちゃけ植民地が独立しないほうが南北問題とか発生しなかったのではないかとか思ってしまいます。
それは私も思ったり。

確かに植民地=悪のイメージのみだから話がおかしくなるんですよね。
もっとも政治的な話になりますと、
政治の要諦は、まず与えること、それから奪うことであるので、日本が善意だけで、朝鮮半島を併合したわけではないことは事実ですね。日本の場合は、与えるだけ与えて、奪う頃には敗戦でしたね。
まあ、何度も言いますが、ある事柄についていいとか悪いとかは一概に決められないですね。
2006.10.02 Mon 13:05 URL [ Edit ]
miracleさん Posted by おしょう
ご意見ありがとうございます。

む~ん、植民地だったと思われますかぁ。
正直なところ、

>植民地という言葉にどのような定義をするかという問題

については明確な物差しがないと思いますので、私も「植民地ではない」と、胸を張って主張できないのです。
ホントに難しい問題です。

>植民地は同じ時代に文明の格差がありすぎた17世紀~19世紀では必然的に起こってきた現象だったと思います。そのなかで文明の普及に役立ったという肯定的な視点も当然必要でしょうね。

まさにそういう視野で捉えて論じれば、朝鮮半島はマイナス面よりプラス面のほうが多いと思います。

>植民地すべからく悪という見方には賛成できない

無論、私もそう思います。
ただし、一般に使われている「日本が朝鮮を植民地支配した」という言葉には、悪のイメージを植えつけようとする意図が、多分に含まれていると思います。

貴重なご意見、ありがとうございました。

2006.10.02 Mon 14:10 URL [ Edit ]
黒羊さん Posted by おしょう
>確かに植民地=悪のイメージのみだから話がおかしくなるんですよね。

その通りです。特に韓国人は、日本が統治した時代のプラス面を、ほとんど認めようとはしません。何がなんでも「日本が悪い」と決めつけようとします。そして、そのときに使う言葉のひとつに「植民地支配」というものがあります。つまりは、「反日」の材料のひとつだと思うのです。
だからこそ、私も神経質になってしまうのかもしれません。

>政治の要諦は、まず与えること、それから奪うことであるので、日本が善意だけで、朝鮮半島を併合したわけではないことは事実ですね。日本の場合は、与えるだけ与えて、奪う頃には敗戦でしたね。

伊藤博文は、きっとプラス・マイナスを計算して、マイナスが優ると考えたから「日韓併合」に反対したんでしょうね。結果論として、その通りになってしまいました。オマケに、「逆恨み」までされる始末です。
何のかかわりもない我々子孫は、堪ったものではありません。


2006.10.02 Mon 14:22 URL [ Edit ]
Posted by 何某
 日鮮間の待遇差や緩行地帯としての面、保護国時代を経ていること、武断統治、独立運動に対する抑圧などの負の面もありますが、そちらばかりが強調されて、併合の合法性や日本の朝鮮統治による朝鮮の恩恵、「併合」であって半島が日本そのものになったこと、欧米の植民地経営との差、平等同化政策など「植民地」という呼称を使うべきではない部分が多数あることが随分と軽視されてきたのが今までの論調だったと思います(悪の帝国日本の軍事占領による収奪と搾取といったファンタジー!)。

自分個人としては朝鮮の歴史部分に触れる場合に「植民地」という表現は努めて使わないようにしています。矢張り「植民地」=「収奪・搾取・武断・弾圧・虐殺・支配」=「悪」といった負のイメージを与えてしまう場合が多いですから・・・。
2006.10.02 Mon 18:31 URL [ Edit ]
何某さん Posted by おしょう
ご意見ありがとうございます。

さて、
>保護国時代を経ていること

恐らくこれは、日露戦争終了後から日韓併合条約締結までの期間のことを仰っているのだと思いますが、私もこの期間は、「植民地」と表現することに異論はありません。それとも、日清戦争終了後、つまり、朝鮮が独立してから日韓併合条約締結までのことですか?(冷汗)
しかし、いずれにしても、朝鮮が日本と併合して主権国家としての実態を失う前の話ですよね。

>武断統治、独立運動に対する抑圧などの負の面もありますが

全員一致というわけにはいきません。
現代の国政においても、オカシナ駄々をこねる輩はいっぱいいます。

>併合の合法性や日本の朝鮮統治による朝鮮の恩恵、「併合」であって半島が日本そのものになったこと

本当に植民地支配するつもりなら、併合する必要があったのでしょうか。私が引っかかるのは、まさにこの点なのです。

>欧米の植民地経営との差、平等同化政策など「植民地」という呼称を使うべきではない部分が多数あることが随分と軽視されてきたのが今までの論調だったと思います

疑問をもつ人が多いというのも、やはりキチンとした理由がありますよね。

>悪の帝国日本の軍事占領による収奪と搾取といったファンタジー!

まさに…、日本国民にとっては、決して喜べないファンタジーです(苦笑)。

>自分個人としては朝鮮の歴史部分に触れる場合に「植民地」という表現は努めて使わないようにしています。

私は正直、迷っています。
心情としては使いたくないです。そして、少なくとも日本人には使ってほしくないです。
ですが、それを合理的に説明できる能力が哀しいことにありません。

>「植民地」=「収奪・搾取・武断・弾圧・虐殺・支配」=「悪」といった負のイメージを与えてしまう場合が多い

私見ですが、今の日本では、「植民地支配」という言葉は、「悪」というイメージを与えるための言葉だと思います。

2006.10.02 Mon 19:09 URL [ Edit ]
Posted by miracleさん
>何某さん
>おしょうさん

とはいえ、言葉だけいじくりまわしてもどうにかなるものではありません。
植民地=悪のイメージ操作がおかしいのですから、私としては植民地という言葉を使用して、
「まあ、そんな悪くはなかったろ?」
という方が前向きだと思いますね。
2006.10.02 Mon 20:43 URL [ Edit ]
Posted by しょぼ
YouTubeに、ゾマホンが韓国人と植民地政策について
激しく討論している動画が上がっています。
98年に放送された『ここがヘンだよ日本人』という番組のものです。
古い映像なのですが話の内容は現在とあまり変わりがないので、
よろしければご覧になってみて下さい。

ttp://www.youtube.com/watch?v=-tDNx3GobLg

今も昔も、韓国人の主張は変わりないみたいです。
2006.10.02 Mon 21:03 URL [ Edit ]
miracleさん Posted by おしょう
わかってます。というか、わかっているつもりです…。

気を悪くされたなら、素直に陳謝します。
ごめんなさい。

今般、私がこういう記事をエントリーしたのも、私が自分の意見に自信がないからでして…、それ以上でもなければ、それ以下でもありません。

素直に、皆様のご意見を伺ってみたかっただけです。
ですから、miracleさんのご意見は、本当に参考になりました。
感情論抜きに…。

何某さんは、純粋に私の問いかけに答えてくれただけで、miracleさんの意見を否定したわけではないはずです。

お含みおきいただければ幸いです。


2006.10.02 Mon 21:04 URL [ Edit ]
Posted by クリスタニア
植民地支配=悪である言うであるのは、略奪、弾圧、搾取等があったことをイメージさせる部分があるからですね。(ほとんどの皆様と同じ意見のようですが)
只、欧米の支配政策と日本の同化政策とは大きな違い(同じ国民としての扱い、インフラ設備等)があり、同化政策が上の意味の植民地であったのかは甚だ疑問であり、呼称を分けるべきであると思います。
又、当時の価値観と現在の価値観とは相違があり、その部分も含める必要があり、論じるには難しいですね。
2006.10.02 Mon 21:14 URL [ Edit ]
しょぼさん Posted by おしょう
この動画は、以前にも閲覧したことがありました。
まったく、別口の話の中でしたが…。

外国人が日本のことを語る…。良いも悪いも、哀しいことですね。ホントに、哀しいことだと思います。
2006.10.02 Mon 21:22 URL [ Edit ]
クリスタニアさん Posted by おしょう
ご意見ありがとうございます。

さて、「植民地支配」という言葉には、悪という意味を多分に含んでいると思われますので、私も、必要以上に反応してしまいます(苦笑)。

>同化政策が上の意味の植民地であったのかは甚だ疑問であり、呼称を分けるべきであると思います。

そうですねぇ、分けるべきですし、一緒にしたらやはりオカシイですよねぇ。

>当時の価値観と現在の価値観とは相違があり、その部分も含める必要があり、論じるには難しいですね。

そうなんです。難しいんです。
細かい点を上げて、良い悪いを論じるのは簡単ですが、では、総意は? と聞かれると、誰もが答に詰まると思います。
どこにも基準がないのですから…。
2006.10.02 Mon 21:43 URL [ Edit ]
Posted by 何某
>miracle様
>私としては植民地という言葉を使用して、
>「まあ、そんな悪くはなかったろ?」
>という方が前向きだと思いますね。

miracleさんの使用法も一理あると思います。
「植民地」という言葉と実際のギャップにインパクトがありますし。

ただ、私個人としては大半の日本人や朝鮮人が日本統治を誤解している面がありますし、今までの不公正なマスコミ論調から誤解を懸念して、なるべく使わないようにしているのです。
消極的で臆病な人間です。



>おしょう様
>本当に植民地支配するつもりなら、併合する必要があったのでしょうか

原料供給地や市場、資源・労働力の搾取という目的ならば併合なぞせずにホントの「植民地」にしてしまいますよね。
散々、裏切った挙句に無能にも清・露の介入を許す。
露国との緩行地帯として大韓民国が確り日鮮友好で独立してくれていればこんなことにはならなかったと思います。
2006.10.02 Mon 22:16 URL [ Edit ]
何某さん Posted by おしょう
>原料供給地や市場、資源・労働力の搾取という目的ならば併合なぞせずにホントの「植民地」にしてしまいますよね。

普通に考えて、それが自然だと思うのですよ。だから、「植民地」という表現に違和感があるのです。(←クドイですが)

>散々、裏切った挙句に無能にも清・露の介入を許す。

う~ん、この点は、やはり民族性でしょうか。なんとも言えませんなぁ(苦笑)。

>露国との緩行地帯として大韓民国が確り日鮮友好で独立してくれていればこんなことにはならなかったと思います。

そうですね。でも当時は、難しかったでしょうね。結果論として、日本が貧乏くじを引いたのでしょうね。残念です…。


2006.10.02 Mon 23:10 URL [ Edit ]
おしょうさん Posted by 黒羊
言論の自由、表現の自由がありますので、おしょうさんが、植民地という言葉を使いたくないと言うのも自由です。
そんなに難しく考えることはないです。
あえて、ミラクルさんのように、植民地と言う言葉を使用して表現する手法もよろしいですし、イメージを嫌って違う表現を用いるのもすべておしょうさんの考え方が明確になっているのであればよろしいかと思います。
2006.10.02 Mon 23:13 URL [ Edit ]
黒羊さん Posted by おしょう
ご助言、ありがとうございます(礼)。

今般このような記事をエントリーして、多くのご意見を頂戴できたことは、私にとって、非常に有益でした。
素直に、ご協力いただいた皆様には、感謝している次第です。
無論、黒羊さんにも…。

また、懲りずに遊びにきてください。
2006.10.02 Mon 23:21 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://toraichiclub.blog53.fc2.com/tb.php/50-4b4eb87b
性悪説に拠っている私は
昨日さららさんの「花より韓国」にて、こんな遣り取りがあった。 小学生でも分かることですが、レイプは悪い事だと判らず発言すれば非難されます。 同様に占領は悪い事だと考慮に入れて発言しないと、ピント外れな意見
礼の宇宙 2006.10.06 Fri 00:00

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。