残念ですが、わが国には「サヨク」や「反日日本人」と呼ばれるゴキブリが生息します。そいつらを、徹底的にスリッパで叩き潰します!
日教組問題 | 反日日本人の正体 | 東京新聞 | 特定アジア | 事件・事故 | 戦争はまだ終わっていない? | 歴史教育考 | 人権擁護法案 | 凶悪犯罪 | 日本の心 | 言の葉のはなし | 阪神タイガース | わたくしごと | お知らせ | ひとり言 | その他 | ★小説★ 七つの心  | ★小説★ 迷路 | カルトの正体 | 大和魂 | ゆがんだ世論誘導 | 寄生虫の正体 | 
自己紹介です
拙ブログへようこそ!

おしょう

Author:おしょう
日本が、大好きです!

リンク
応援↓してます

blue-22.gif

明日へ架ける橋  
FC2カウンター
ご訪問いただき
ありがとうございます
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
おしょうのあしあと
いっぱい↓エントリーしてます

全ての記事を表示する

古い記事でもコメントください
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2006.09.08 Fri
「救う会」が怒ってます!
「救う会」から、怒りのメッセージが届きました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

救う会全国協議会ニュース(2006.09.07)

本日、9月7日、韓国の「京郷新聞」が社会面トップ記事で、拉致被害者救出運動を誹謗する記事を掲載した。以下は、それに対する抗議声明である。

「京郷新聞」9月7日報道に対する抗議声明

本日(9月7日)、韓国で発行されている「京郷新聞」が重大な事実誤認にもとづき、北朝鮮による拉致被害者救出運動を誹謗する記事を掲載した。

世界12カ国から多数の人々を拉致していまだに返さない金正日テロ政権は、人権という普遍的価値観に基づき日韓の拉致救出運動の連携が強化されることを何より恐れている。「京郷新聞」の本日の報道は、金正日のテロ行為を弁護、支援する反人権的な許し難いものだ。強くここに抗議し訂正を求める。

事実誤認は以下の3点だ。
1.記事は、ハンナラ党の二人の議員が「5月、日本内の代表的な極右団体『救う会』(北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会)から滞在費用の一切の支援を受け日本を訪問した」「救う会西岡力副会長の招聘を受けて訪日した」と書いた。事実は、北朝鮮による拉致被害者家族連絡会(代表 横田滋)、北朝鮮に拉致された日本人を早期に救出するために行動する議員連盟(会長 平沼赳夫)、救う会(会長 佐藤勝巳)の3団体が、今年5月28日、東京で開催した拉致被害者救出のための国民大集会に出席していただくために、韓国の拉致家族と国会議員らを招聘したものだ。招聘した側の当然の儀礼として、韓国拉致家族協議会会長である崔祐英氏を窓口としてエコノミークラス航空券と宿泊費を3団体が共同で負担した。なお、記事が救う会負担で訪日したと書いた金チョルギ氏は自己負担で訪日された。

2.記事は、救う会が「極右団体」である根拠として、「西岡副会長は『新しい歴史教科書をつくる会』の草創期メンバーとして活動」「『つくる会』の幹部の西岡力」と書いた。西岡氏はつくる会の「草創期メンバー」「幹部」などではない。西岡氏は、これまで一度も、つくる会の役員、理事などの役職に就いたことがない。

3.記事は、救う会を「代表的極右団体」と決めつけ、「活動資金は大部分、極右人士の支援で充当されている」と書いた。救う会は13歳の少女を含む多数の自国民が北朝鮮によって拉致されていることに強い憤りを感じた多くの日本人が結成した民間団体の集合体であり、現在全国40の救う会が加入している。活動資金は当初からすべて国民の寄附でまかなわれている。家族会と共に進めてきた署名は現在約600万人近くが集まって日本政府に提出された。韓国の拉致被害者家族とは、1999年から連携して運動を進めてきた。また、昨年タイ、レバノン、中国にも北朝鮮による拉致被害者が存在することを明らかにし、その3国の家族とも協力関係を持っている。家族会・救う会とともに国民大集会を主催した議員連盟は、与野党210人の国会議員が参加している。この活動を「極右」と決めつける「京郷新聞」こそ偏向しているのではないか。 

2006年9月7日
北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会 会長 佐藤勝巳
北朝鮮による拉致被害者家族連絡会 代表 横田 滋

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

テロの被害に遭われた方々を、「極右」呼ばわりするとは如何なる神経でしょうか。こんないい加減な報道をされては、「救う会」やご家族も堪りません(怒)。

しかし…、横田めぐみさんの夫と娘がテレビカメラの前で会見してから、どうも風向きが変わってしまったように思われます。
日本のマスコミも、こういうときこそ拉致被害者支援の論陣を張ればいいのに…。
期待しても無駄かぁ(ため息)。


スポンサーサイト

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース
その他    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
Posted by しょぼ
今は総裁選一本ですし、政府に期待は持てそうにありません。
韓国としては『北朝鮮も韓国も同じ朝鮮。その朝鮮に対して
強硬姿勢をみせる日本は極右なのだ!』という考えなんですね。
自分の国の拉致被害者救出より日本叩きが先決とは・・・
骨の髄まで反日ですね。
2006.09.08 Fri 19:48 URL [ Edit ]
しょぼさん Posted by おしょう
いつもコメントありがとうございます(礼)。

さて、私が本件にこだわる理由が2つあります。
1つは、「家族会」も「救う会」も以前より主張していることとして、本件の解決は、拉致被害者のみならず朝鮮労働党の圧政に苦しめられている多くの北朝鮮の人たちをも救うことに繋がるという点です。本当に、その通りだと思います。北朝鮮の、一般の民衆には何ら罪や責任はありません。むしろ、飢餓や貧困から一日も早く救ってあげるべきです。

そして、もう1つは、本件には多くの日本人が関与している疑いが強いという点です。もし、それが事実だとすれば、それを公にしてキチンと責任を取らせることで、日本の未来の国益を左右する大きなポイントになるはずです。

だから私は、本件を絶対に風化させてはいけないと思っています。

ごめんなさい。コメントいただいた返礼にはなっていませんね(苦笑)。

韓国については、国民の不満が内政に向かないように、「反日」を煽って誤魔化しているいつもの手口だと私は考えています。
それがわかっていながら、そ知らぬ顔をしている日本のマスコミには、「渇」です。

しょぼさん、また懲りずに遊びにきてください(またまた礼)。
2006.09.09 Sat 08:58 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://toraichiclub.blog53.fc2.com/tb.php/26-30f771a7

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。