残念ですが、わが国には「サヨク」や「反日日本人」と呼ばれるゴキブリが生息します。そいつらを、徹底的にスリッパで叩き潰します!
日教組問題 | 反日日本人の正体 | 東京新聞 | 特定アジア | 事件・事故 | 戦争はまだ終わっていない? | 歴史教育考 | 人権擁護法案 | 凶悪犯罪 | 日本の心 | 言の葉のはなし | 阪神タイガース | わたくしごと | お知らせ | ひとり言 | その他 | ★小説★ 七つの心  | ★小説★ 迷路 | カルトの正体 | 大和魂 | ゆがんだ世論誘導 | 寄生虫の正体 | 
自己紹介です
拙ブログへようこそ!

おしょう

Author:おしょう
日本が、大好きです!

リンク
応援↓してます

blue-22.gif

明日へ架ける橋  
FC2カウンター
ご訪問いただき
ありがとうございます
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
おしょうのあしあと
いっぱい↓エントリーしてます

全ての記事を表示する

古い記事でもコメントください
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2006.09.04 Mon
反日日本人の正体 その4

元日教組委員長や、左翼雑誌「世界」の編集長らが呼びかけ人になって活動している『自由の風ネットワーク』という市民グループがある。
そのホームページにアクセスして活動内容を見てみると、例のごとく「愛国教育反対!」「日の丸・君が代反対!」と騒いでいる「反日日本人」の集まりであることがわかる。

そのホームページの中に、反日カルト教育に毒された青年の詩が掲載されている。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(以下引用)
詩もどき「ほんとの卒業式」

ほんとの卒業式

卒業証書授与式。
 あなたが、この学校を
 そつぎょうしたことを

 校長のわたしが国家に代わって
みとめてやりましょう。

なにかの聖域としての
    高い段の上で

りっぱな装いの校長が
   うやうやしく与えてくれる

りっぱな紙。
聖域は

りっぱな旗がなにかの輝きを与えるために掲げられ
りっぱな歌も荘厳さもために動員され

式の主役はこの聖域だと
   最敬礼と気をつけを

ほんとの主役たちに要求しています。

二回、三回と見た夢の中に

手づくりの
   ほんものの
卒業証書がありました

 ずっしりと
  内側からの
   輝きを放っていました

目が覚めて
 <一人ひとりの みんなのわたしの 卒業証書だ>と
  叫びそうになりました。

 <わたしは、この学校を卒業することを、 ここに宣言します。
   それを認めるのは、ここで学んできたわたし自身です>

そう宣言する卒業証書
   卒業宣言証書――なのです。

卒業証書授与式のネガフィルムが

逆回しで映し出されました。

 黒地に白の旗の前で
   白い服の校長がうやうやしく

 卒業生から立派な紙を
   ありがたそうに受け取っていました。

卒業生はみんな
 <卒業してやったぞ。これで
   校長はじめ教職員の人たちは、
     無事にお役目を果たしたことになる。おめでとう!>と

どうどうと
主役として輝いていました。

一九四五年八月十五日を境に
ほんとはなくなったはずの

 卒業証書授与式。

ほんとはその時から<卒業宣言式>に
変わっていなければならなかった。

わたしは この学校で 学んだ
だから わたしの意思で
この学校を 卒業していく

  ――それでいいのだ。
(以上、原文ママ)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

恐ろしい…。まさに、反日カルト教育に毒された子どもの見本が「ここにあり」といったところだろうか。

日教組をはじめ「反日日本人」の活動家たちよ。キサマらの狙いは何だ。このような、反社会的な子どもを世に送り出して、いったい何をさせようというのかっ!(怒)。


スポンサーサイト

反日日本人の正体    Comment(4)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
Posted by しょぼ
自由の風ネットワークの名に相応しく自由に書きなぐった詩ですね。最後の1行を見て天才バカボンを思い出しました(笑)
証書も受け取らずに「僕は○○大学を卒業したんです!」って言葉だけで就職できれば
どんなに楽でしょう。とゆうか自由を提唱したいなら憲法なんて守らなくてもいいのに。
僕もこの方々に反日集団をことごとく叩き潰す自由を与えてほしいです。
2006.09.04 Mon 22:40 URL [ Edit ]
しょぼさん、いらっしゃいませ Posted by おしょう
さて、今日は真面目な話です(いつも真面目かな?)。

この青年の詩は、おそらく高校を卒業したときに書かれたものであると思われますが、たかが17~8で、こんな反社会的な思想を持っていることは異常ですよ。
ホントに、反日カルト教育は赦せません(激怒)。

また、ご意見お聞かせください(礼)。
2006.09.05 Tue 00:55 URL [ Edit ]
えーと Posted by かっぱやろう
なんでスか?
この変な歌(詩?)。
気持ちワリー。
てーか、わけわからん・・・
まさに反日カルト教育。
やっぱり日凶礎は殲滅しないとなあ。
このままじゃ日本が滅んじゃいまスよ。
内側から。
_| ̄|○
2006.09.05 Tue 15:26 URL [ Edit ]
かっぱやろうさん、いらっしゃいませ Posted by おしょう
いつも遊びにきてくれて、ありがとうございます(礼)。

さて、
>やっぱり日凶礎は殲滅しないとなあ。
このままじゃ日本が滅んじゃいまスよ。
内側から。

日本を内側から腐らせるために工作活動をしている「最前線」に、日教組がいるといっても過言ではないでしょう。
何しろ、私たちの大切な子どもたちを、洗脳しているのですから(怒)。
「こいつらは、絶対に叩き潰さなくちゃならない」
そう強く思う、今日この頃です。
2006.09.05 Tue 15:37 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://toraichiclub.blog53.fc2.com/tb.php/22-3764ca7f

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。