残念ですが、わが国には「サヨク」や「反日日本人」と呼ばれるゴキブリが生息します。そいつらを、徹底的にスリッパで叩き潰します!
日教組問題 | 反日日本人の正体 | 東京新聞 | 特定アジア | 事件・事故 | 戦争はまだ終わっていない? | 歴史教育考 | 人権擁護法案 | 凶悪犯罪 | 日本の心 | 言の葉のはなし | 阪神タイガース | わたくしごと | お知らせ | ひとり言 | その他 | ★小説★ 七つの心  | ★小説★ 迷路 | カルトの正体 | 大和魂 | ゆがんだ世論誘導 | 寄生虫の正体 | 
自己紹介です
拙ブログへようこそ!

おしょう

Author:おしょう
日本が、大好きです!

リンク
応援↓してます

blue-22.gif

明日へ架ける橋  
FC2カウンター
ご訪問いただき
ありがとうございます
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
おしょうのあしあと
いっぱい↓エントリーしてます

全ての記事を表示する

古い記事でもコメントください
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2006.08.28 Mon
「救う会」からのメッセージです
救う会全国協議会ニュース(2006.08.28)

中国の学者・専門家と北朝鮮等に関する意見交換を行ない、また北朝鮮による中国人拉致被害者の情報を伝えたいと、家族会・救う会訪中団が現在中国を訪問しているが、本日、中国側学者より、日本において「マスコミ報道があったため政治的に微妙な問題について静かな環境での話し合いができなくなった」として、すべての日程をキャンセルするとの連絡が届いたことが分かった。訪中しているのは、増元照明・家族会事務局長、西岡力・救う会常任副会長、島田洋一救う会副会長ら5名。以下は、訪中団の声明である。

家族会・救う会訪中団意見交換会中止について-家族会・救う会訪中団

私たち日本人拉致救出運動関係者訪中団は、昨日8月27日北京に到着した。中国学者と拉致問題などで意見交換会を持つことが目的だった。そこで私たちは北朝鮮による拉致の実体を説明し、中国人拉致被害者に関する情報を提供するつもりだった。

ところが本日午後、中国学者から、マスコミ報道があったため政治的に微妙な問題について静かな環境での話し合いができなくなったという理由で、意見交換会を中止したいという連絡を受けた。

在中国日本大使館を通じて面会を要請していた中国外交部からも、どのレベルでも会うことができない、という連絡があった。

私たちは今回、学者とも政府関係者とも面会できなくなった。この結果は残念だし遺憾である。ここに現在の中国の拉致問題に対する姿勢の一面が反映されている。

あらためて中国政府と国民に訴えたい。北朝鮮による拉致は国際社会がともに戦うべき国家テロだ。その被害者には中国人も含まれている。中国としても被害者が一刻も早く家族のもとに帰れるように、格段の努力を望みたい。

平成18年8月28日

日本人拉致救出運動関係者訪中団一同

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

藁にもすがる思いで、中国へ渡った訪中団の方々の胸中を考えると、胸が詰まって言葉がありません。そしてやはり、無責任な中国の対応に、強い怒りをおぼえます(怒)
スポンサーサイト

テーマ:外交 - ジャンル:政治・経済
その他    Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。