残念ですが、わが国には「サヨク」や「反日日本人」と呼ばれるゴキブリが生息します。そいつらを、徹底的にスリッパで叩き潰します!
日教組問題 | 反日日本人の正体 | 東京新聞 | 特定アジア | 事件・事故 | 戦争はまだ終わっていない? | 歴史教育考 | 人権擁護法案 | 凶悪犯罪 | 日本の心 | 言の葉のはなし | 阪神タイガース | わたくしごと | お知らせ | ひとり言 | その他 | ★小説★ 七つの心  | ★小説★ 迷路 | カルトの正体 | 大和魂 | ゆがんだ世論誘導 | 寄生虫の正体 | 
自己紹介です
拙ブログへようこそ!

おしょう

Author:おしょう
日本が、大好きです!

リンク
応援↓してます

blue-22.gif

明日へ架ける橋  
FC2カウンター
ご訪問いただき
ありがとうございます
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
おしょうのあしあと
いっぱい↓エントリーしてます

全ての記事を表示する

古い記事でもコメントください
「ひとり言 」 の記事一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2009.07.16 Thu
まぁ…、得意の「ひとりごと」です(苦笑)
私の場合…、約2年ほどのブランク期間があって、このブログを再開したわけですが、ど~も最近、またぞろ新手の反日勢力が出現したようですな(ニヤリ)。

と言うより、元々あった少数派の反日勢力が、追い詰められて…。変身…?

まぁ、私個人にしてみれば、どうでもいいことなので無視しておりましたが、純然たる愛国ブロガーの方々に、よろしくない影響もあるようなので、あえて一筆…。

私が、このブログを始めたころは、圧倒的に反日派の意見のほうがネットでは主流でした。
大雑把に言うと、
7(反日派):3(愛国派)
といったところでしょうか(苦笑)。

ところが、ここ最近では、ネットの世界では立場が逆転しております(むんっ!腕組み)。

まぁ、どちらに転んでも、偏り過ぎるのは良くないことなので、私もあえて、「おしょうらしくないエントリー」をアップして参りましたが…(ニヤリ)。

卑近な例を挙げれば、ミラーマンのブログがあります。
ご存知の通り、ミラーマンは実刑が確定しましたので、あのブログも、残すところあと僅かの命でしょう。
サヨクが、必死に支えてきた牙城が、またひとつ崩れることになるだけです。

その入れ替わりに、新手の反日ブロガーが台頭してきたみたいですが、所詮、インチキはインチキです。放っておきましょう(笑)。

ちなみに、私は「ドクゼツも吐きます」が、愛国派です。悪しからず…。
スポンサーサイト

ひとり言    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2009.07.13 Mon
ダメだこりゃ
(以下引用)
両院議員総会の開催を=即時解散には反対
-中川元幹事長
7月13日1時13分配信 時事通信

自民党の中川秀直元幹事長は12日夜、都議選で同党が大敗したことを受け、都内で記者団に「全党的な議論をすべきで、両院議員総会の開催を求めていくべきだ」と語った。また、麻生太郎首相の自発的辞任を重ねて求め、「国民のためには、総裁選も当然ある」と9月の総裁選前倒しが必要との考えを示した。自身の総裁選出馬の可能性については、「まだ申し上げる段階ではない」と含みを残した。

さらに、「即時解散はすべきではない」と表明。民主党が提出の構えを示す内閣不信任決議案に対しては、「反対する」と言明した。

(以上、引用おわり)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

まだこんなことを言っている。しかも、マスコミに向かって。
こういうアホがいる限り、やはり自民党は下野するべきなのだろう。

私は、反日勢力(国の内外問わず)を批判しているせいか、「ネットウヨク」というレッテルを貼られ、同時に「自民党支持者」だと決めつけられている(苦笑)。
だが、決して自民党は支持していない。
たとえば、小渕の娘とか、山崎タクとか、カトー紘一などは大っ嫌いだ。もっといるが省略する。
つまりは、俗に言う「無党派層」のひとりである。

今回の都議選で期待していたのはただひとつ、創価学会の議席減であったが、残念ながらそうはならなかった。
それどころか、第一党になった民主も単独では過半数に届かず、またもや創価学会がキャスティングボートを握るという最悪の結果ではないか。

こうなった以上、衆院選でも自民の大敗は火を見るよりも明らかなので、下野した暁には一刻も早く創価学会と手を切り、保守の旗印を鮮明にし、山崎タク以下特アに媚を売っている売国奴も駆逐すべきである。

政界再編を切に望む今日このごろである。

ひとり言    Comment(4)   TrackBack(0)   Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。